手の指に水泡ができ強いかゆみがあり主に冬に症状が強くなる

手の指の主に背中の関節部分や指と指の間のまたの部分に小さな水泡ができ気になるために

触ったり掻いたりしているうちにかゆみを感じるようになり掻きむしったり爪でつぶしたり

場合によっては歯で噛んでしまいます。

つぶした後はしばらく痛みを感じるものの治ったかのように消えてはまた違う場所に

できたりします。

利き手だけではなく両手にでき何故か親指にはほとんど出来ません。

スポンサードリンク
学生時代より飲食のアルバイトを頑張っていて若いころは人と比べて手の平や手の甲の

両面が異常に赤く冬場はささくれなどができジーンズのポケットに手を入れると出血して

買い物をしたりしてお金を払う時に手がひどいので男ながら気にすることがありました。

手の指の背中の関節部分、第一関節から爪までの間の部分や第二関節の上、親指を除く

各指の横の部分やまたに小さな水泡ができるようになったのは20代後半から30代に

入ってからです。

手の指に水泡ができ痛い?つぶすと痛い

手の指に水泡ができるようになってからは慢性的で医者に行っても薬をもらうだけで

なるべく水に触るな、手袋をしろのアドバイスのみで実際問題として仕事で飲食等の

仕事に従事している場合、水仕事をするたびに手袋をはめたり取ったり時間が

もったいなくてしていられない訳です。

手に水泡が出来たばかりは良いのですが何かの拍子に掻いたりこすったりすると

かゆみが発生しつぶしたりして痛みに変わっていきます。

皮膚科での診断では手湿疹、主婦湿疹と呼ばれるものでステロイド剤の軟膏を

処方されるだけでした。

原因は何か質問すると普段の生活で触れるさまざまなものの刺激によって生じる

皮膚炎で、皮膚の表面を保護する角層間脂質がもともと少ない体質(乾燥肌)で

あったり、職業や家事などで水やシャンプー・洗剤などを頻繁に使うことで

角層間脂質や天然保湿因子が減ると起こりやすくなるそうです。

空気が乾燥する秋から冬に悪化することが多く、空気の乾燥や給湯器のお湯による

スポンサードリンク

食器洗いなども悪化に関係したり化学物質や植物、金属など手で触れるものに対する

アレルギー反応によって皮膚炎ができている場合もあるそうです。

手の指の水泡でかゆみを伴う

よく似た症状で汗疱(かんぽう)というものもあり手のひらや手指、足の裏に小さな

水疱が多数現れる再発性疾患です。

手の指、足の裏などに、両側で内容が透明な小さな水疱が急に多数現れ、特に

指の側面によくみられます。

小さな水疱はくっつき合体して大きくなることもあり、通常はかゆみはなく、

場合によって周囲に紅斑を伴い強いかゆみや軽い痛みがあるときもあります。

小さな水疱は次第に吸収され、通常2〜3週間で丸い鱗屑(りんせつ)

(皮膚表面からはがれ落ちる角質)になってはがれ落ちます。

原因はよくわかっておらず、夏期に汗の多い人にみられることが多いようです。

手の指に水泡ができる原因

皮膚科医が言うには洗剤等を使い大量の皿などの洗い物をお湯を使って行うことが

原因らしく私の母親も同じ症状があるのですが遺伝であるとは言われませんでした。

アルバイトの仕事中に水仕事用の手袋の脱着は時間を要し面倒でもあるため

どうしても徹底することが出来ず治療が始まってから何年も同じ状況でステロイドの

軟膏を処方されるだけです。

いくつか皮膚科を変わってみましたが結果は同じです。

最も大きな理由は皮膚科の医師は目で見た診察しかせず幹部の細胞を採取して

検査したりして病状の詳細を把握しないケースが多いためではないかと思います。

人それぞれ体質も異なるためよく似た症状であっても原因や対処法が違うことも

多々あると容易に想像がつくのに命に別状がないため皮膚科の医療や処置は

他の医療に比べ大きく遅れているのではないかと感じています。

ホホバオイルにラベンダーオイルをブレンドして使用し状況が改善したとか

馬油の仕様で病状が改善した話もいくつか聞きましたがこの件についても

人それぞれで体質によったりすると思いますので以後、飛躍的に症状が

改善された場合はまたこの場で公開したいと思います。

スポンサードリンク