洗濯機の掃除のやり方?酸素系漂白剤やハイターを使う方法!

洗濯機の掃除のやり方として酵素系漂白剤やハイターを使用した簡単でおすすめの方法を

動画を使って解説しています。

全自動洗濯機は洗濯槽の外側にカビ等が付着して洗った洗濯物に臭いが残る原因になる事

があります。

スポンサードリンク

洗濯機の掃除のやり方

洗濯機にお湯を入れ酸素系漂白剤で汚れを落としていくのですが洗浄効果を上げる為には

水よりもお湯を使った方が効果が高いです。

お湯の温度は40度から50度位までで洗濯機によって規定の耐熱温度があると思いますので

その温度を越えないように注意して下さい。

説明書等がない場合は45度程度までなら問題ないと思います。

水の量は洗濯槽の満水の位置まで入れるようにしごみ取り用のフィルターはあらかじめ

外しておきます。

洗濯機の掃除に使う薬剤は重曹や家庭用のハイターなどを使われる方も見えるのですが

一番おすすめなのは酸素系漂白剤です。

酵素系漂白剤の使用量の目安は水10ℓに対して100g程度で良いでしょう。

・洗濯機にお湯を入れる。

・洗濯槽の上部の汚れは使用済みの歯ブラシなどで汚れを取り除きます。

・洗面器などに酵素系漂白剤を入れお湯で溶きます。

・洗濯機に酵素系漂白剤を投入し5分から10分程度洗濯機を回します。

・洗濯機を止め3時間以上浸け置きをします。(翌日まで放置しても構いません。)

・浮いてきたごみを100均等で購入したごみすくい用の網ですくい取る。

・排水してもう一度水を入れしばらく動かしてゴミが出ないか確認する。

注意事項

洗濯機の洗濯槽を何年も行っていないような場合にはごみやカビが何度すくっても無く

ならずにきりがない事があります。

最初に洗濯機を5分から10分動かしたときにカビなどの大きなゴミがたくさん出ている

ようなら要注意です。

すすぎと排水を繰り返すか同じ工程を2度位行わないと浮いてくるカビやゴミが止まらない

可能性もあります。

洗濯機の掃除のやり方として酸素系漂白剤を使用した動画です。

スポンサードリンク

洗濯機の掃除は酸素系漂白剤がおすすめ

お湯に入れるとシュワシュワと発砲して汚れを落としてくれます。

ネットなどで値段の安い物を探しても良いですしホームセンターやスーパーなどにある

市販の過炭酸ナトリウム100%などの商品でも良いと思います。

ワイドハイター粉末タイプやカラーブライトも主原料が過炭酸ナトリウムなので割高ですが

洗濯槽の洗浄にも使えます。

過炭酸ナトリウムでの洗浄はかなり強力で長い間洗浄したことがない洗濯機などは裏側に

付いているカビがどっさり出てきます。

1度で取りきれなくてゴミが続く場合は同じ掃除の工程を繰り返してみるのが効果的です。

時間の余裕がある時に行うのがポイントのひとつになります。

★洗濯機の掃除に使用する酸素系漂白剤のランキングを見てみる★

洗濯機の掃除の方法でハイター

液体のキッチンハイターやブリーチは塩素系漂白剤で洗濯機の除菌やカビ取りに使用される

洗濯槽専用のクリーナーも塩素系のものが多数販売されています。

液体のキッチンハイターやブリーチを使って洗濯機の掃除を行う事でカビの発生を

しにくくする環境を整える効果はあるのですが既に発生した黒カビなどの除去には効果が

あまり無いようです。

同じ塩素系でも洗濯槽専用クリーナーを使用するのが良いようです。

洗濯槽で黒かびが発生する要因や原因

・洗剤量(洗剤の入れすぎや適量より少ない場合など)

・洗剤の種類(粉石けんや洗濯のり)

・設置場所の環境(湿度が高い場所や蓋を閉めたままで結露を起こす)

・使い方(洗濯槽に洗濯物を入れたままにしたりお風呂の残り湯の使用など)

まとめ

洗濯機の掃除は酸素系漂白剤がおすすめです。

定期的に洗浄を行っていないとゴミが出続けるケースがあります。

洗濯機の掃除は定期的に行うのが効果的です。

スポンサードリンク