れんこんのアク抜きの仕方?必要な時間や酢以外の方法について

れんこんのアク抜きの仕方や必要な時間と酢以外で行う方法について解説しています。

アクは食品に含まれる渋みやえぐみと言った癖のある味に繋がる成分の事ですがれんこん

の場合はアクがあると言うよりムチンというポリフェノールが多く含まれているため変色を

防止する意味合いが強いようです。

スポンサードリンク

れんこんのアク抜きの仕方

れんこんを切ったりしたまま放置すると色が黒ずんだり茶褐色に変色する事があります。

れんこんの場合、色が変わるのはアクのためではなくポリフェノールが酸化するからです。

変色を防ぐためにれんこんの皮を剥いてから酢水に浸けます。

れんこんのあく抜きに使用する酢水は水1リットルに対して酢大さじ1程度で結構です。

レンコンのあく抜きで酢水に浸ける時間

酢水に浸ける時間は5分から10分程度です。

新鮮な物なら水だけでも大丈夫で数回、水を取り替えれば良いでしょう。

れんこんは酢水にさらす事で変色を防ぎ粘り気を減らしてシャキシャキと歯応えを良く

する効果があります。

但し酢水に漬けたれんこんを煮る場合は仕上がりがホクホクに出来ない場合があるので

煮物にする時は水にさらすだけの方が良いかも知れません。

事前に酢水に浸けなくてもゆでたりする場合には少量の酢を加える事で白くきれいに

ゆであがります。

スポンサードリンク

れんこんのあく抜きを行ったのに色が変色する場合

れんこんを切る包丁の材質が鉄で出来ていて研いだばかりの状態で使用すると変色する

ケースがあります。

調理に鉄の鍋やフライパンを使用しても黒っぽく変色する原因になる場合があります。

れんこんの変色の原因はポリフェノールで見た目は悪くなりますが食べても体に害は

ありません。

レンコンのアク抜きで酢以外の方法

水にさらすだけでも十分に効果はありますが酢がない場合には柑橘系の果物やレモン果汁

などでも代用できます。

れんこんのあく抜きは必要なのか不要なのかと言う質問をされる場合もありますが作る

料理によっても違うと思います。

れんこんはあく抜きをしなくても食べられない程のあくはありません。

見た目の問題ではないでしょうか?

サラダやお正月の酢の物、天ぷらなどは色が変わって黒かったり茶褐色だと見栄えが

悪いでしょうし醤油等を使った煮物やきんぴらを作る時は調理する時に醤油の色が

付きますのであまり神経質にならなくても大丈夫な訳です。

まとめ

れんこんのあく抜きは水や酢水に浸ける事で簡単に行う事が出来ます。

あく抜きと言うより変色防止といった意味合いが強いようです。

れんこんはビタミンCやポリフェノールの含有量が高く身体に良い効能のある野菜です。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ