だるまの由来や飾り方とは?目の入れ方と開眼の方法について!

祈願成就の縁起物として伝わるだるまの由来や飾り方について解説しています。

だるまの目の入れ方や開眼の方法についてもまとめてみました。

スポンサードリンク

だるまの目の由来

ダルマは仏法を意味し古くは法(ダーマ)を意味したそうです。

禅宗の開祖の達磨大師が元になって生まれたとされています。

達磨大師は壁に向かい九年の座禅を行ったことにより手足を失ったという伝説があり

手足のない形状の置物であるだるまが作られるようになったそうです。


だるまの目入れの由来には諸説あるようですが江戸時代に流行した疱瘡(天然痘)にある

と言う説があります。

江戸時代の疱瘡の原因は疱瘡神によるものと考えられ疱瘡神は赤い色を嫌う、赤色は災い

を防ぐという言い伝えから疱瘡患者には赤い着物を着せたり子供のおもちゃを赤く塗ったり

したそうです。

縁起物であるだるまも赤である事から疱瘡除けや魔除けの玩具として使われたそうです。

この時代に疱瘡にかかると視力を失う事も頻繁にあったため目がきれいに描かれている

だるまは人気になり書き方が良くないだるまは売れないようになったようです。

困っただるまを売る商人はだるまに目を書かず注文が成立してから目を書き入れたり

目の書き入れ自体を客に任せるようになったそうです。

これがだるまの目入れの起源だと言われています。

だるまの飾り方や場所

神棚や仏壇にあげたりする方も見えるようですが飾る場所に規定は無く良く見える

場所が良いでしょう。

古来縁起物として伝わって来ただるまを飾る場所として明確に決まった位置は無いようです。

スポンサードリンク

但し、だるまを飾る方角は南向きに飾るのが最適といわれています。

だるまの開眼の方法

だるまの目の入れ方はだるまの左目(こちらから見ると右)から目を入れ願い事を

祈願します。

願い事が成就したらだるまの右目(こちらから見ると左)を描き入れれます。

最初にお願い事をしながら左目を入れる事を開眼と言います。

だるまの目の入れ方が合格祈願などで左から右の順番になるのは

古来の言い伝えにより玉座(王様や殿様の座る場所)は太陽の南中に合わせ南に向き

太陽は東から出て西に沈むので南に向かうと東は左側になります。

陰陽五行では東より物事が生まれ西で無くなると考えられていてだるまを南に向けた

場合は東が左目、西が右目の方向を示しているからではないかといわれています。

ただ明確な決まりではなく選挙では効き目があるようにと右目から入れる事も多いようです。

縁起物のだるまの有効期限は1年とされています。

1年の間に両目が入れられたら、翌年に今までより大きなだるまにして年々大きなだるまに

していくと言う説もあります。

両目が入れられなかった場合も1年経てばだるまを神社やお寺に納め新たに買って成就を

願います。

★開運や合格祈願のだるまのランキングを見てみる★

まとめ

だるまの開眼方法は左目から行う。

一年以内に祈願成就すれば右目を入れ神社やお寺に奉納します。

飾る場所に明確な決まりはないようですが南向きに飾るのが良いそうです。

スポンサードリンク