インフルエンザの出席停止の期間や日数?小学校は欠席にならない?

インフルエンザに感染した時の出席停止の期間や日数について解説しています。

小学校に通う児童の中には皆勤賞を目指している子もたくさんいるので小学校での

インフルエンザ感染による欠席扱いにならない基準についてもまとめてみました。

スポンサードリンク

インフルエンザの出席停止の期間

2012年4月1日に学校保健安全法施行規則の一部に改正が行われてインフルエンザに

かかった場合の児童の出席停止期間の基準が変更されました。

以前は「解熱後2日間は出席停止*幼児にあっては3日」の基準のみが定められていました。

法改正で変わったのは「解熱後2日間は出席停止」に加えて「発症後5日間は出席停止」と

いう点が追加された事です。

インフルエンザで出席停止される日数は病気の状態により変わり発症後5日間と解熱後

2日間の両方の条件を満たさないと登校することが出来ません。

この文章だけではわかりにくいかも知れませんので例を挙げて後ほどわかり易く説明

していきます。

インフルエンザでの出席停止は小学校では?

小学生の中には皆勤賞をもらう事を目標に頑張っている児童もたくさんいます。

小学校ではインフルエンザは学校保健安全法における学校感染症に該当しますので

欠席ではなく出席停止(忌引等公欠と同じ)扱いになります。

医療機関で医師から罹患治癒証明書を作成してもらい学校に提出する必要があります。

スポンサードリンク

出席停止は病名の申告があった日を始点とするケースもあるので欠席する当日に医師の

診察を受け学校に連絡することをおすすめします。

インフルエンザでの出席停止は欠席にはならない

保育園や幼稚園、小中学校や、高校、大学などインフルエンザでの出席停止は欠席扱い

になりません。

いつから登校できいつまでが欠席にならないのか例を挙げて説明します。

学校保健安全法によるルールとして登校するには「発症後5日間は出席停止」と

「解熱後2日間は出席停止」の2つの条件をクリアする必要があります。

※幼稚園や保育園の場合は解熱後3日間は出席停止です。

例として木曜日にインフルエンザで発熱を起こし当日に医師からインフルエンザの感染に

よると診断を受けた場合について解説していきます。

木曜日 発熱し医師からインフルエンザと診断された
金曜日 発症したあと1日目
土曜日 発症したあと2日目
日曜日 発症したあと3日目 熱が平熱まで下がる
月曜日 発症したあと4日目 解熱して1日目
火曜日 発症したあと5日目 解熱して2日目
水曜日 登校可能

解熱は薬などの服用による効果ではなく体温がいつもの平熱まで下がることを意味します。

発病後5日間の発病初日ははカウントせず翌日が1日目になります。

平熱にまで下がった日から2日間は登校できません。

まとめ

インフルエンザの出席停止の日数は発症後5日間、解熱後2日間が出席停止期間です。

小学校や中学校でも欠席扱いにはなりませんが医療機関の証明書が必要の場合があります。

スポンサードリンク