年賀状が元日に届くためには?投函期限と海外に発送する場合?

年賀状が発売され始めていますが毎年、年賀状の完成が投函期限ギリギリになってしまい

本当に元日に年賀状が届いているのか心配になったりします。

今年は海外にも年賀状を出してみようと思いますが外国の友人にも元日に年賀状を届ける

ことは可能なのでしょうか?

スポンサードリンク

年賀状を元日までに配達してもらうための投函期限とは

元日に年賀はがきが相手先に届くようにしたい場合は例年12月15日頃から12月25日前後

までに出せば大丈夫です。

ポストに投函した場合でも郵便局の窓口で出した場合でも確実に元旦に届きます。

というのも日本では古くから年賀郵便が行われる国で元日に遅滞なく年賀状を届けることが

できるようにある程度の猶予を持っています。

日本郵政のホームページ上でも12月28日までに出されたものに関しては確実では

ありませんが元日に届ける事ができるように努力しますの文章を見ることが出来ます。

ただし確実ではない為、ゆとりを持って出すことができるようにしたいものです。

年賀状の受付開始が始まる前に手違いで投函してしまった場合でも一応、内容を確認し

元日に届くように手配されるようです。

どういう事かというと古い年賀状をそのまま懸賞や官製はがきの代わりに使用する人も

見えるようでトラブルを避けるためにそのような措置が取られるようです。

また忘れていて古くなった年賀状や書き損じた年賀状は1枚5円の手数料を支払えば

交換してもらえますし、もし年賀状を出すために購入した後にご不幸とかがあって

年賀状を出すことが出来なくなった場合は年賀状の発売期間中であれば手数料無料で

ハガキや切手と交換してもらえます。

請求は窓口で行い請求者の住所、氏名と亡くなった方との続柄を記入し手続き完了です。

毎年年賀状の発売期間はその年の10月末日頃から年明け1月の8日前後までです。

スポンサードリンク

年賀状を海外に発送する場合

52円の年賀はがきの場合は18円分の切手を貼りポストに投函することもでき

海外年賀をポストに投函する時は「年賀用」ではなく「通常の郵便物用」の投入口へ

出します。

・あて名面のあいているところに「AIR MAIL」、「POST CARD」と記入します。

・年賀はがきはできれば横にして使用し、あて先も横書きで記入しましょう。

・あて先は送る国の言語で記入します。(日本語で住所を記入するとまず届きません)

・英語かフランス語であれば大丈夫です。(日本郵政に確認済)

年賀状以外の私製はがきや絵ハガキも世界中どこへでも70円で航空便で送る事ができます。

年賀状を海外に発送する場合の問題点は発送した国の郵便事情により元日に年賀状を

届けることができないことです。

年賀郵便というのは日本独自のもので他の国では行われていません。

投函された郵便物は通常一度送った国の税関に集められその国の郵便事業に携わる会社等が

配送することになります。

年末年始はその会社がお休みの場合も多く税関で止まってしまう訳です。

郵便事情の良い国もありますが年末年始にかけては日本ほどではないため1月1日以前に

届かないよう逆算して出すことになります。

年賀状を出してない相手発見、元旦以降の投函について

私の場合、毎年必ずあるのですが元日に届いた年賀状を見ていてこちらから年賀状を

出していない方からの年賀状に気づき慌てて年賀状をお返しするわけです。

ポストも窓口も回数は少なくなりますが回収業務は行われます。

ただ特殊な郵便物以外の配達業務は1月2日は行われませんので元日の朝こちらから

出していない相手から年賀状が届いているのに気付いて年賀状を出したとしても最短で

1月3日になってしまうようです。

スポンサードリンク