寒中見舞い喪中の時はいつまでに出す?年賀状への返礼の文例について

寒中見舞いを自分自身やお相手が喪中の場合にはいつまでに出すと良いのか、考えられる

事例ごとの年賀状への返礼を文例などを挙げて詳しくご紹介しています。

スポンサードリンク

寒中見舞いは喪中の時はいつまでに出す?

寒中見舞いは季節の便りのひとつで一年の中で最も寒い時期を迎え、相手の体調を気遣う

と共に自身の近況を伝えます。

また喪中の時に年賀状の代わりに挨拶状として使うこともあります。

季節の挨拶として送る寒中見舞いは寒の入り(1月5日)頃から立春の前の日(2月4日)

頃までに出すのが一般的です。

自身が喪中の場合

年賀欠礼の喪中はがきを出していない相手から年賀状をもらった時

寒中見舞いは松の内が過ぎてから出すのがマナーとして定着してきているようです。

松の内の期間として昔は1月15日までとする考え方もありましたが現在では1月7日まで

と考えれば良いです。

1月7日以降の投函であれば問題ないでしょう。

寒中見舞いを喪中の方へ出す時期

相手が喪中の場合

毎年、年賀状を出していたが喪中はがきをもらったので寒中見舞いでご挨拶がしたい時

この場合も1月7日以降であれば差し支えはないと思われますが念の為に相手の心情を考え

1月15日以降に届くようにするのが良いでしょう。

相手が喪中である事を知らずに年賀状を出してしまい相手から寒中見舞いが届いた場合

先日は喪中と存じあげずに年始のご挨拶を申し上げてしまい大変申し訳ありませんでした

等の書き出しで寒中見舞いの返礼を早めに出しましょう。

寒中見舞いの喪中の返礼の文例

自分自身が喪中でお知らせをせず年賀状が届いた場合

喪中の告知と欠礼のお詫びをします。

文例

寒中お見舞い申し上げます。

寒さはこれからが本番ですが、皆様にはお変わりございませんか。

ご丁寧なお年始状をいただき、有難く存じます。

スポンサードリンク

亡き「故人続柄」の喪中につき年頭の挨拶を控えさせていただきました。

旧年中にお知らせ申し上げるべきところ、年を越した非礼を深謝いたします。

今年もなにとぞよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます。

寒い日が続きますが、風邪など召されませぬようお気を付けください。

亡くなった故人宛てに年賀状が届いたときの返礼

文例

寒中お見舞い申し上げます。

ご丁寧なお年始状をいただきありがとうございました。

「故人続柄」は「死去年月」に他界致しました。

旧年中にお知らせ申し上げるべきところを、年を越してしまいましたがご無礼の段どうか

ご容赦願います。

故人が生前に賜りましたご厚情に深謝申し上げます。

厳寒の折柄、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

喪中と知らず年賀状を出してしまい寒中見舞いが届いた場合

文例

寒中お見舞い申し上げます。

「故人続柄・敬称」ご逝去のこと存じ上げず新年のご挨拶を申し上げ大変失礼いたしました。

本格的な寒さを迎える折、御身お大切に元気でお過ごし下さい。

文例

寒中お見舞い申し上げます。厳寒の侯、いかがお過ごしでしょうか。

喪中を存じあげずに年始状を差し上げてしまい深くお詫び申し上げます。

お悔やみにも伺わず大変失礼いたしました。

ご家族の皆様にも心よりお詫び申し上げます。

遅ればせながら「故人続柄・敬称」のご冥福をお祈り申し上げます。

寒い日が続きますが、皆様お元気でお過ごし下さい。

まとめ

寒中見舞いを出す時期は喪中の場合は1月7日以降の松の内があけてからが良いです。

喪中ハガキを出していないお相手には喪中の告知と欠礼のお詫びをします。

相手の喪中を知らずに年賀状を出し寒中見舞いが届いた場合にはお詫びも兼ねた

返礼を早めに出すのがマナーです。

スポンサードリンク