インフルエンザの予防接種 受験生が受ける最適な時期と効果や期間

受験生がインフルエンザの予防接種を受けるのに最適な時期やタイミングと予防接種を

受けた場合の効果やその有効期間について解説しています。

精神的なプレッシャーを避けるためにも万全の体調で受験に臨んで欲しいと思います。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種を受ける時期は受験生の場合

冷静に考えていただきたいのですがインフルエンザに感染した場合に感染してから完治

するまでの期間が1週間から10日必要でその期間は体が辛いだけではなく学校に行く

ことも出来なくなります。

インフルエンザは、例年だと11~12月頃に流行が始まり1~3月にピークを迎えることが

多いです。

高校の場合であれば1月から2月に私立、3月が公立高校の受験の日程になりますし大学の

場合は推薦入学を除きセンター試験は毎年1月に行われ前期と後期の入試が2月、3月に

行われます。

この時期に万全の態勢で入試に臨むには11月中旬から12月上旬にかけてインフルエンザの

予防接種を受けておく事を強くおすすめします。

インフルエンザの予防接種の時期と効果

インフルエンザワクチンを接種してから体内に抗体ができ予防効果が発揮されるまでに

およそ2週間かかると言われています。

その年にもよりますが一般的に日本では12月頃からインフルエンザの流行が始まる事から

スポンサードリンク

11月中旬から12月上旬までに接種を完了していることが望ましいと考えられます。

また予防接種の効果を最大限に高める為に2度予防接種を受けるのが良いでしょう。

成人の場合は1回接種だと予防効果が64%で2回接種だと94%に上がる事が分かっていて

これをブースト効果と言います。

1回目の予防接種を受けてから2回目を受けるまで13歳以上は1週間から4週間の間隔が必要

最も有効であるとされる間隔はよりワクチンの効果を高めるために3~4週間隔で接種する

ことが最適とされています。

インフルエンザの予防接種の有効期間

インフルエンザの予防接種を受けてから効果が現れるまでの期間が約2週間で効果が持続

する期間は4ヶ月前後と考えられています。

受験が3月に行われる場合には1回目の予防接種を11月中旬に受け4週間の間隔をあけて

12月の上旬から中旬にかけて2度目の予防接種を受けるのが良いでしょう。

まとめ

インフルエンザの感染は体調不良だけでなく学校への登校が禁止されます。

受験シーズンに精神的なプレッシャーを受けない為にも予防接種は有効です。

予防接種を適切な形で2度受けることにより予防効果を94%まで上げる事が出来ます。

スポンサードリンク