インフルエンザお風呂はいつから?家族にうつる?感染しない?

インフルエンザに感染した場合にお風呂で入浴することが可能になるのはいつからなのか、

お風呂や入浴が原因で家族にうつることや感染したりすることは無いのかについて解説して

います。

スポンサードリンク

インフルエンザにかかった時はお風呂はいつから

インフルエンザに感染し発病した直後は熱も高く本人も入浴したいとは思わないと思いますが

一般的には熱が下がったり本人がお風呂に入りたいと思えば入浴すること自体になんら問題

はありません。

但し入浴する事自体に体力が必要になるのでぐったりして疲れている時に無理に入浴したり

入った後に湯冷めをしてしまうような状況での入浴はかえって病状の悪化を招く恐れもあり

注意が必要です。

熱が高い時は入浴を避けた方が良いのか?

最近の医学に基づく考え方によると風邪やインフルエンザに感染すると体温が38度から

40度近くまで発熱するのは体に侵入したウイルスを撃退する為の生体反応で体温が上がる

ことにより体内に入った風邪やインフルエンザの菌を死滅しやすくする為なのです。

人間の体は体温が低下すると免疫力が落ち体温が上昇すると外部からの攻撃に対しての

免疫力が上がることが分かっています。

インフルエンザや風邪が気温の低くなる冬の時期に流行するのはこのためで意図的にお風呂に

入り体を温めることでインフルエンザや風邪の症状が早く治ると考える医師もいます。

スポンサードリンク

風邪を早く治す方法と熱と咳や鼻水がある時についてはこちらです。

インフルエンザは風呂でうつる?

お風呂の中は湿度も高く感染の可能性も低くなります。密室で湿った空間なのでかえって

感染しやすいのではないかと考える方も見えますがその可能性はとても低くなります。

ただインフルエンザは解熱した後も2日程度経過するまで感染の可能性がありお風呂の中の

お湯などから感染する事よりインフルエンザの患者が使用したバスタオルを共用したり

衣類を洗濯する時に注意したほうが良いでしょう。

インフルエンザお風呂の順番

お風呂の中で感染する可能性は低いのですが個人的には出来る事ならインフルエンザに

感染している方は子供や老人がいる場合には最後に入浴してもらったほうが気分的にも

良いかも知れません。

インフルエンザの主な感染経路は2つです。

飛沫感染(感染者の咳やクシャミから感染する。)

接触感染(ウイルスが主に手を介して感染する。)

・ウイルスが感染するのは、紙や布の場合で8~12時間。

・金属やプラスチックは、2~48時間。

入浴が終わったら湯冷めなどに注意し早めに休養されることをおすすめします。

まとめ

インフルエンザに感染していても入浴して差し支えありません。

熱が下がってからも2日ほど感染の可能性があります。

入浴する時はタオルや衣類からの感染の可能性に注意しましょう。

湯冷めなどに注意し早めに休養しましょう。

スポンサードリンク