六曜の意味や読み方!冠婚葬祭の日取りと計算方法について

六曜の意味や読み方や冠婚葬祭で特に気にされる事がある日取りや六曜の計算方法について

まとめてみました。

迷信や意味が良くわからないと言われながらもお葬式などでは特に気にされる理由とは

一体なぜなのでしょうか。

スポンサードリンク

六曜の意味や読み方

六曜は六曜星の略とされ大安、友引、先勝、先負、仏滅、赤口の6つがありそれぞれが

意味を持っています。

過去には即吉→共引→周吉→虚亡→泰安→赤口の順で繰り返されていたとされています。

大安「たいあん」「だいあん」などと呼ばれます。

大いに安しとの意味で、婚礼をはじめ何事にも吉とされる日です。

友引「ともびき」と呼ばれます。

凶事に友を引くとの意味をもち、賭博などの勝負事で「勝負なき日」の意味で勝負事が

引き分ける「共引」と書かれた時代もあったようです。

朝は吉、昼は凶、夕は大吉ですが葬式などには避けられる日です。

先勝「せんしょう」「さきがち」などと呼ばれます。

事にあたる時に先んずれば勝ちとの意味で、万事急ぐことが吉とされます。

午前中が吉とされ午後2時より午後6時までが凶とされます。

先負「せんぷ」「さきまけ」などと呼ばれます。

先んずれば負けという意味で、先勝とは逆に勝負事や急用は避けるほうがよい日とされます。

午前中は凶で午後は吉とされます。

仏滅「ぶつめつ」と呼ばれます。

仏も滅する凶日との意味で、婚礼や祝い事を避けるという風習があります。

ただし、昔は「物滅」と書かれ失せ物に注意する日などとも言われ仏教とは全く関係ないと

されています。

赤口「しゃっこう」「しゃっく」「せきぐち」と呼ばれます。

赤という字が使用されている事から火の元、刃物に気をつける日とされています。

スポンサードリンク

正午頃のみ吉で、あとは凶とされます。

六曜は中国で生まれたという説もあり日本に伝来したのは、14世紀の鎌倉時代末期から

室町時代にかけてと言われます。

伝えられてから名称や解釈、順序も少しずつ変えられ今では赤口以外の名称は全てが

変わっています。

冠婚葬祭の日取りで等で気にされる方も多いのですが仏教にも神道にも全く関係が

ありません。

冠婚葬祭の日取りと六曜

結婚式は大安や友引が選ばれ、お葬式などでは友引が避けられます。

お宮参りや安産祈願の戌の日のご祈祷を受ける日としても気にされる方もお見えのよう

ですがご祈祷を受ける神社の神道にもお葬式のお経をあげてもらう仏教とも全く

関係ないようなのです。

明治時代に政府が吉凶付きの暦注は迷信であるとしてこれらを一切禁止した経緯

あったようなのですが昭和20年以降、政府の統制もなくなり現在のような形に

落ち着いたようです。

お葬式に関して特に友引が避けられるのは人の死が穢れと考えられ火葬施設がお休みに

なっている事が更に拍車をかける理由となっているのかも知れませんが何十年も後には

変わっているかも知れません。

現に友引でも火葬を行う施設もありますしお寺さんにもお願いすることは可能です。

六曜の計算方法

計算のあまりによって「六曜」を求めることができるのですが「月」「日」には旧暦を

あてる必要があります。

月+日÷6=?…あまり

あまり
0 大安
1 赤口
2 先勝
3 友引
4 先負
5 仏滅
旧暦を計算するのが複雑なのでこちらの六曜計算サイトが便利です。

まとめ

風習とは時代の変化とともに変わる物であり六曜も変化を繰り返してきました。

若い世代の方も本人は気にしなくても周りの年長者の意見で六曜を考慮する方も

お見えるようです。

スポンサードリンク