喪中はがきはいつまでに出す?送る範囲や送る時期について

喪中はがきはいつまでに出すのが良いのか?近親者に不幸があった場合に送る喪中はがきの

送る範囲や送る時期等のマナーについてわかり易く解説していきたいと思います。

喪中はがきはいつまでに出す

喪中はがきの意味

一年以内に近親者に不幸があった時に喪に服すために新年のご挨拶の欠礼を事前に知らせる

挨拶状が喪中はがきになります。

身内に不幸があったことをお知らせする為のハガキではありません。

喪中はがきを受け取った方は通常、喪中の方への年賀状の発送を控えられますので事前に

わかっている場合には相手が年賀状を用意される前に出すようにするのがマナーです。

年賀状は毎年10月末に発売され12月15日頃から受付を開始します。

喪中はがきを出す場合は出来たら11月上旬頃から遅くても12月の初めには先方にハガキが

届くように発送したいものです。

喪中はがきの出し方についての動画です。

喪中はがきを送る範囲

不幸があった時に喪中はがきを出す親族の範囲

故人との関係の深さやご本人の気持ちにもよるのですが通常は二親等まで出します。

最近の傾向としては一親等の「両親・配偶者・子供・配偶者の両親」

二親等の兄弟姉妹まではほとんどの方が出すようですが、二親等の祖父母の場合は

同居かどうかで喪中はがきを出さない方が増えているようです。

出す人と出さない人がいるのは祖父母や配偶者の祖父母、兄弟姉妹の配偶者と配偶者の

スポンサードリンク

兄弟姉妹です。

叔父や叔母、いとこ等、三親等以下の親族の場合はほとんどの方が喪中はがきを出されない

ようです。

喪中はがきを出す相手の範囲は?

年賀欠礼の挨拶状ですから、毎年年賀状を交換している方には出しますが喪中を改めて

お知らせする必要のない親族には出さない方も見えるようです。

公私を別々に考え法人の場合には仕事関係先には年賀状を出す場合が多いようです。

喪中はがきを送る時期

12月に入ってから親族が亡くなった場合

相手によってはすでに年賀状を投函している場合もありますし喪中はがきの手配にも

時間がかかります。

年賀状を送ってこられた方には年が明けてからあらためて「寒中見舞い」として

年賀状を頂いたお礼と共に親族が亡くなったことをお知らせするのが良いでしょう。

年賀状を投函した後に親族が亡くなった場合

場合によっては郵便局に年賀状の返戻請求をするといった方法があります。

12月中旬以降に近親の親族に不幸があった時は喪中ハガキを手配せずに松の内(1月7日)

以降に寒中見舞いと言う形で対応するのが良いかと思います。

まとめ

喪中はがきはわかっていればお相手が年賀状の準備を始める前に届くようにするのが

マナーです。

二親等から三親等の近親者に不幸があった場合に発送し送る範囲は年賀状のやり取りを

している方、全てとなります。

12月に入ってから不幸があった時には喪中はがきの用意をせずに寒中見舞いでお知らせを

する場合もあります。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ