土鍋の新品の使い方!ひび割れを防止し長持ちさせる扱い方とは?

土鍋の使い方で新品を使用する前にしておきたいことやひび割れを防止したり長持ちを

させる為のお手入れの仕方や扱い方について解説したいと思います。

スポンサードリンク

土鍋の新品の使い方

寒くなってくるとご家庭で鍋物などをする機会も増えてくることと思います。

土鍋は全体がゆっくりと温まり食材のおいしさを引き出してくれる調理器具です。

土鍋を長持ちさせる為にも新品で購入した時にやっておきたい事があります。

土鍋の目止めのやり方

土鍋は土から作る焼き物です。料理に使えるように釉薬を塗って耐水性などを出して

いますが鍋の内部は無数の穴が開いている状態なので最初に使う時にひと手間かける

ことで土鍋の寿命を延ばすことが出来る訳です。

使用する前に行なう作業を目止めと言います。

土鍋を新品の未使用の状態で最初におかゆを作ります。

土鍋に水を入れ炊けたご飯を加えて弱火で炊き込みドロドロの状態になるまで

焦げ付かせないように気を付けながら行います。

出来たらそのまま冷まして半日程度経過したら水洗いしてよく乾燥させます。

こうする事でお米のでんぷん質が土鍋の穴を塞いでくれる訳です。

炊けていない生のお米の状態からおかゆを作るとおかゆになるまで時間がかかり

過ぎて水が土鍋に浸透して水漏れや割れる原因となってしまうためです。

土鍋の取り扱い説明書にお米のとぎ汁で行うと書いてあったりしてお米のとぎ汁で

目止めの作業を行う方もみえますが目止めをする時は濃いデンプン質で土鍋の表面から

内部にかけて覆いたいのでお米のとぎ汁では濃度が低く効果的な目止めになりません。

片栗粉等を代用に目止めを行う事も出来ます。

土鍋を長持ちさせる使い方

土鍋の底が濡れた状態で火にかけない事。

土鍋は急激な温度変化に弱く 熱くなった土鍋を急に水につけたりもしないようにします。

スポンサードリンク

使用する時は弱火で火にかけてから火力を上げるようにし空焚きをしないように注意します。

使い終わった土鍋はよく乾燥させることが長持ちの秘訣です。

蓋と鍋の部分に新聞紙を挟み蓋をひっくり返して重ねると場所を取らず重ねる事が出来ます。

長期間使用し無い場合は蓋と鍋の部分を新聞紙で包み湿気のない場所に保管します。

土鍋の焦げ付きの手入れ

しばらく水に浸けて置くと焦げが取れ易くなりタワシなどでこすって落します。

土鍋から匂いがする場合

土鍋を使っていて焦げたような匂いやその他の異臭が気になる場合には水にお茶の葉を

ひとつまみ加えて弱火で10分程加熱するとお茶に含まれる成分が嫌な臭いを消してくれます。

土鍋にカビが生えた

水にお酢やレモン汁を入れ10分程度、加熱し冷ましてから乾燥させます。

酢やレモンがカビを殺菌してくれます。

土鍋で調理した後に土鍋に食材を入れたまま保管したりするとカビや匂いの原因になります。

他の容器に移して使用後は速めに洗浄するようにしましょう。

土鍋のひび割れの防止

ある程度使用すると土鍋の底の部分に細かいひびのような模様が出来ることがあります。

ひびが出来ても目止めがしてあれば水が漏れたりすることはありません。

もし漏れが起こるような時はもう一度、目止めの作業を行います。

土鍋の底の部分にできる細かいひびは良いのですが土鍋のフチや取手の部分にまでひびが

伸びていたり上から押すと、ひびの周囲が多少動いたりする物に関しては火にかけると

割れることがあるので使用しないように注意しましょう。

調理中に土鍋が割れたりすると凄く危険です。

まとめ

土鍋を長持ちさせるには新品で使用する前に目止めと呼ばれる作業をしてから使用します。

空焚きや急激な温度の変化を避けましょう。

水漏れをする時は目止めを再度、行ってから使用しましょう。

スポンサードリンク