テントの手入れと使用後のメンテナンス!雨の後はカビに注意!

テントのお手入れの方法として使用後のメンテナンスはとても重要です。

晴れの日に使用しただけで特に汚れてもいないのでとそのまま何もしないで片づけたり

していると悪臭やカビに悩まされることもあります。

雨の日に使用した場合には特に使用後のメンテナンスが重要になります。

スポンサードリンク

テントの使用後の手入れ

テントを長く良い状態で使用するには使用後のメンテナンスが重要になります。

お天気の良い日に使用したとしても山やキャンプ場などで実際にキャンプで使用すると

テントの底の部分に泥汚れや湿気を帯びたりすることが良くあります。

テントの中も人が寝たりするので人体から発生する汗や呼気で目に見えないような結露

をすることもあります。

キャンプ場などでテントを片付ける前に汚れたり湿ったような場所をしっかり乾かして

から収納するようにします。

ドーム型のテントをばらさずにそのままひっくり返してテントの底の裏側を乾かして

いる方をたまに見かけます。

何もなければ良いのですが風に飛ばされたりするとポールが差し込んである部分の

外側が擦れて傷が付き防水性の劣化の原因にもなります。

少し面倒なのですがポールなども取り外してから乾かすようにするとテントが長持ちします。

泥汚れや水分が付着したまま保管するとカビが生えたり撥水や防水コーティングの劣化や

悪臭の原因になったりします。

汚れがひどい部分は帰宅後にテントを洗濯しよく乾燥させてから収納するようにします。

ポールや金属製の付属品がある時は泥やホコリを拭き取り軽く乾かしてから収納します。

ジョイント部分にはサビ止めや潤滑スプレーがあれば吹き付けておきます。

スポンサードリンク

使用後に長期間使用し無い場合は保管場所に注意し湿気のないところで保管する

のがポイントです。

テントの洗い方と洗濯について

テントの手入れ雨の後

テントを収納する前に水をきることが出来れば行い収納バックではなく大きなビニール袋

などに入れて回収するのが良いと思います。

持ち帰って自宅で洗濯などして汚れを落としてしっかりと乾燥してから片付けます。

雨の日のキャンプ場などでは木の葉や小さなゴミがテントに引っ付いていることが多く

テントのメンテナンスが重要になります。

テントの手入れ カビ

テントの手入れが不十分でカビが生えてしまった場合が一番問題で厄介です。

生地の繊維の中に染み込んでしまう為、完全に取り除くのは難しいかも知れません。

無水エタノールなどをスプレーしてカビの菌を死滅することは出来ますがテントの

生地についた色や模様は消えにくいです。

強くこすったりするとテントの防水性や撥水性に影響が出る場合もあります。

カビキラーや漂白剤はテントの生地を傷めてしまう場合があるので中性洗剤以外の

使用はしないほうが無難です。

まとめ

テントのお手入れは使用後のメンテナンスがとても重要です。

撤収する時は泥などを落して乾燥させてから収納し汚れがひどい場合は帰宅後に洗濯

して乾燥します。

長期間保管する場合は洗濯してから湿気のない場所に保管します。

カビは一度生えると完全に取り除くことは困難なので注意しましょう。

スポンサードリンク