お彼岸のご仏前の金額や相場とは? お供えののしの書き方について

お彼岸の御仏前の金額や相場とお供え物ののしの書き方について記載しています。

ご実家が遠くて行かない方、帰らない方でも贈り物は何が良いかと迷っている方も多い

ようです。

スポンサードリンク

お彼岸のご仏前の金額

お彼岸は1年で春と秋の2回あり、春分の日、秋分の日を「彼岸の中日」と呼びその前後

3日ずつの合計7日間です。

結婚して初めてお彼岸を迎える方にも覚えておいて欲しいのですがお彼岸は初盆「新盆」

のように初めてであっても特別なことはあまりしません。

お彼岸のご仏前の金額や相場についてもお住まいの地域やご家庭のしきたりなどによって

違う場合もあるかも知れませんが結婚されている双方のご実家の場合、こちらの年齢や

お供え物の有無によっても違いますが3000円から5000円が相場ではないかと思います。

ご仏前は香典と同じでお供え物の意味合いがありますのでお供え物のみの場合もあれば

ご仏前だけの場合もあります。

お盆にお供えや物や香典をお供えされている場合は頻繁になり負担も大きくなります。

私の場合は岐阜県の田舎ですがお彼岸には仏壇にお供えするお菓子やお線香、金額的

には3000円程度を持ってお参りさせてもらっています。

お供え物とは別にお金はお届けしていません。

お彼岸のお供えののしの書き方

お金をお供えする場合は白黒か双銀の結び切りの水引でのしが付いていない水引も印刷

してあるタイプの袋で良いと思います。

関西では黄白色の水引を使う場合もあるようです。

スポンサードリンク

表書きは水引の上は「御仏前」か「御供」とし下はフルネームで名前を記入します。

お菓子や線香をお供えする場合も包装してもらって白黒や双銀ののし紙をかけてもらう

のが良いでしょう。

※忌明け前の仏様がお見えになるご家庭では「御仏前」は使いません。

亡くなって49日の法要が終わっていない忌明け前であれば「御霊前」と表書きし

お供えします。

お彼岸の贈り物

お線香とろうそくのセットや季節のくだものをお供えしたり亡くなった方が好きだった

お菓子などのお供えも喜ばれると思います。

都合があってお盆に帰省できなかった方は良い機会だと思いますので仏壇に手を合わせ

お墓参りもされると良いでしょう。

亡くなった人が旅立って向かわれる世界を「彼岸」といい私たちが生きている世界を

「此岸」と呼びます。

彼岸は西に、此岸は東にあるとされ、太陽が真東から昇って真西に沈む秋分の日と春分

の日は、彼岸と此岸が最も近くなり、先祖供養をするようになったそうです。

そして他の仏教国には無い日本だけの行事でもあります。

妻の実家ではお彼岸にはおはぎを作って仏壇にお供えしたりします。

まとめ

お彼岸のご仏前、お供えの金額は地域や各家庭によっても違いますが金額的には3000円

から5000円位。

水引は白黒や双銀で表書きは御仏前や御供とします。

忌明け前の仏様がお見えの場合は御霊前とするのが一般的です。

実家が遠く行けない場合はお供え物を贈ると喜ばれると思います。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ