ハロウィンのかぼちゃキャンドルの作り方と保存方法について

ハロウィンのかぼちゃキャンドルの作り方を動画を使って解説しています。

ハロウィン期間中のジャックランタンの保存方法についても記載してみました。

スポンサードリンク

ハロウィンのかぼちゃキャンドルの作り方

ハロウィンのかぼちゃキャンドルをジャック・オー・ランタンとかジャックランタンと

呼びますが作ってみると意外に簡単です。

家にあるものをなるべく使用し残りは100均などで調達するのが良いでしょう。

ハロウィンのかぼちゃキャンドルの材料

・ナイフ

・千枚通し「アイスピック」

・スプーン

・マジック

・紙

・かぼちゃ

かぼちゃの種類はオレンジ色のペポ種で展示用で糖分が少ないものが扱いやすいです。

ハロウィン、サンシャイン、アトランティックジャイアント、プッチーニ、ベビーバム

などがハロウィンの時期に手に入り易くなっていると思います。

ハロウィンのかぼちゃキャンドルの作り方の動画です。

※多少やりにくい時は型紙をはずさないで上からかぼちゃをくり抜くと良いでしょう。

キャンドルの作り方と色付け

ろうそくを加熱して溶かし紙コップやアルミ箔で出来た型の中へ流し込めば簡単に作ること

が出来ます。仏具用の白いろうそくは安くておすすめです。

溶かしたろうそくの芯を再利用します。

色はクレヨンを少し削って入れれば簡単に色が付きます。

スポンサードリンク

アロマオイルを数滴たらせば香りを付けることも出来ます。

固めるテンプルとかがあれば使い古したサラダ油からでもキャンドルを作ることが出来ます。

油をしっかりと固めるコツは、規定量の2倍程度、凝固剤を使用することです。

ハロウィンのかぼちゃ保存方法

かぼちゃに傷が付くとそこの部分から腐り始めてしまいます。

湿気の少ない風通しの良い場所に飾ると長持ちします。

直射日光が当たる場所もNGです。

ハロウィンのかぼちゃを長持ちさせるポイントは飾る直前までかぼちゃを掘らないことです。

少しでも長持ちさせたい場合はハイターなどの漂白剤や防腐剤を入れた水に半日ほど浸けて

おきます。カビの防止に効果があります。

出来上がったかぼちゃランタンは速いと2日、長くても1週間程度しか持ちません。

ハロウィンは10月31日なのでタイミングを合わせて素敵なかぼちゃキャンドルを作ってみて

下さい。

ハロウィンを子供と家庭で楽しむ方法についてはこちらです。

まとめ

ハロウィンのかぼちゃはペポ種が使われることが多いですが手に入りにくければスーパー

などの食用のかぼちゃを使ってもおもしろいかもしれません。

くり抜いた中身が勿体ないのでスープやシチューなどにするのが良いでしょう。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ