炊飯器のご飯が変色!黄ばみの原因いつまで大丈夫?保存方法について

炊飯器のご飯が保温していると変色していきます。保温しているご飯が黄ばんだりする原因

やいつまで食べられるのか?ご飯の保存方法についてもまとめてみました。

スポンサードリンク

炊飯器のご飯が変色

最近の炊飯器は高額なものもありご飯がおいしく炊ける工夫がされています。ただどうしても

保温状態でご飯を保存しているとご飯が黄ばんだり臭いが付いたりしてしまいます。

ご飯の黄ばみの原因

炊いたご飯を電気炊飯器で保温機能で長い時間入れっぱなしにしておくと、ご飯が黄色っぽく

なり臭いがするようになります。

ご飯に含まれる糖分とアミノ酸が反応して褐色物質のメラノイジンができ、これによってご飯

が変色します。

ご飯の変色反応を「アミノカルボニル反応」(メイラード反応)と呼びます。

電気炊飯器でご飯を入れっぱなしでの保存は味が落ちたり、細菌が繁殖することもあるので

12時間程度が目安と考え方が良いかも知れません。

炊飯器が古くなってパッキン等が劣化すると早くなるように感じます。

炊飯器のご飯はいつまで

時期によっても違ったりすると思いますが特別にご飯が粘ついたり悪臭を出したりして

いなければ大丈夫のような気がします。

私の場合、2日間位、電気炊飯器の保温機能で保温した状態のご飯が食べきれずに捨てる

のも勿体なくて食べたことがありますが何ともありませんでした。

昔に比べて少ない量でも炊くことが出来る電気炊飯器も多いので食べきれる量のお米を

炊くようにして残さない工夫をするのが良いでしょう。

スポンサードリンク

臭いや色が気になる場合はチャーハンにしたり雑炊にしたりすると気にならなくて良いかも

知れません。

ご飯を炊く前の洗米のやり方や浸水、炊くタイミング等でもご飯が黄ばんだり臭いが付いたり

するのをなるべく遅らせることが出来るようです。

炊飯器でのお米の炊き方の動画です。

炊飯器のご飯の保存方法

私の電気炊飯器の取り扱い説明書には24時間以上の保温はしないように書いてありました。

メーカーによって多少の差があるのかも知れません。夕食が終わったら炊飯器から残ったご飯

を取り出して粗熱を取ってタッパー等の容器やラップ等に包んで冷凍保存し食べる直前で

電子レンジで加熱するのがご飯をおいしく保存するコツ、方法のようです。

冷凍庫内にスペースが無かったり冷凍した後に加熱するのに時間がかかるような気がして

冷蔵保存する方も見えるようなのですが実は冷蔵保存「温度が2度から3度」がご飯の劣化が

一番すすみやすい温度のようです。

私の場合はビニール袋に1食分位に小分けしなるべく平らになるように広げて一度、冷蔵保存

にし翌日食べきれる量ならそのまま冷蔵で保存し無理な量は冷凍に移すようにしています。

まとめ

最新の高額な電気炊飯器でも長時間保温状態のままだと黄ばんだり臭いが付いたりします。

2日間くらいは特に異常がなければ食べても大丈夫な気がします。

残らないように炊く量に注意をし残ったら冷凍保存するのが望ましいです。

スポンサードリンク