筋肉痛の回復を早める!中高年の運動不足による足の痛みを治す方法!

筋肉痛の回復を早める即効性のある方法を集めてみました。中高年の運動不足等による

ふくらはぎや太もも等の足の痛みを治す方法についてまとめています。

スポンサードリンク

筋肉痛の回復を早める

中高年になって日々、行っている仕事によっては余り激しく動いたりしない仕事についている

方も多いことかと思います。

若い頃は何ともなかったのに重い荷物を運んだり、子供の運動会や町内の祭りの神輿を担い

だりと普段から使っていない筋肉を使ったりすると筋肉痛に襲われたりしませんか?

私の場合は町内のソフトボール大会でキャッチャーをやったり久しぶりのウィンタースポーツ

でスキーへ出かけたりすると必ず足が筋肉痛になったりします。

筋肉痛の原因

筋肉痛とは運動などを行った数時間から翌日など時間が経過してから起こる筋肉の痛みです。

筋肉痛になぜなるのか?筋肉痛になる原因については医学的にはハッキリとわかっていない

ようです。

有力な説としては運動によって傷ついた筋肉組織を修復する過程で生成される刺激物質

「ヒスタミン、セロトニン、ブラジキニン、ブロスタグランジン等」が筋肉組織を刺激して

起こると考えられています。

年を取ると筋肉痛が出るのが遅くなるという説

こちらも医学的根拠は謎のようです。同じ年齢であっても毎日、営業などの仕事をしていて

よく歩いたりする人はお祭りの御神輿を担いだりして長い距離を歩き回っても筋肉痛に

なったりしませんがデスクワーク中心の人だと太ももやふくらはぎが痛いと筋肉痛の症状が

出たりします。

普段から頻繁に使われる筋肉には血液を送り届けるために毛細血管が発達していてあまり

使われない筋肉の周りには毛細血管が発達しません。

筋肉が疲労で傷つき損傷しても普段から良く使う筋肉の場合は修復されるのが早い為、痛みが

感じにくいのかも知れません。

スポンサードリンク

中高年の筋肉痛は運動不足

普段の生活習慣にもよるのですが早いと30代位から感じ始める方も多いようです。

普段からなるべくエレベーターではなく階段を使ったり歩く努力をしたほうが良いでしょう。

何とも皮肉な話なのですが運動をする前に準備運動をして筋肉をほぐし運動が終わってからも

ストレッチなどを行うと筋肉痛になりにくいようです。

中高年であっても健康のためにも毎日使っている筋肉は筋肉痛になりにくい訳です。

足の筋肉痛を治す

筋肉痛の回復を促進する食べ物

タンパク質「肉、魚、大豆等の豆類」

亜鉛   「カキ、レバー、アーモンド、たらこ」

ビタミンB1「豚肉、うなぎ、のり、カシュナッツ」

ビタミンB6「マグロ、とうがらし、にんにく」

クエン酸 「レモン、グレープフルーツ、梅干し、お酢」

黒酢には血行を促進し、代謝を良くする、肩こり腰痛などの改善などの効果もあります。

筋肉痛の回復にはお風呂

筋肉痛の回復に有効なのがお風呂に入浴して筋肉を温めることで筋肉を通る毛細血管が拡張

するうえに、閉じていた毛細血管が開く場合もあり、血流の循環の促進に繋がります。

これによって傷んだ物質の除去や必要な物質の供給が高まるので、早めの回復に効果がある

のです。

熱めのお湯に1分浸かり冷水に1分の冷温浴を10分程度を目安にして行うと効果的です。

筋肉痛の回復には睡眠

眠っている時には多くの成長ホルモンが分泌され筋肉痛の緩和を促進します。

ぐっすりと睡眠をとることで筋肉痛を回復することが出来ます。

まとめ

中高年になったら普段からなるべく筋肉を動かすように気を付けたいものです。

筋肉痛の痛みが激しい場合はシップなどで冷やし痛みが弱くなってきたら温めてマッサージ

などをする。

分かっている場合は事前に準備運動や運動が終わってからのストレッチも効果的です。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ