青春18きっぷの購入方法とおすすめの使い方!余りは金券ショップで売る

青春18きっぷの購入方法とおすすめの使い方について記載しています。使用期間がある程度

残っている切符は金券ショップで売ると残りの使用回数にもよりますが定価よりも高値で買い

取ってもらえることもあります。

スポンサードリンク

青春18きっぷの購入方法

毎年、年に3回、春、夏、冬と学校が長期休暇に入る前、1カ月程度の期間に販売されます。

販売期間はその年により若干の違いがあることもあります。

・JR駅のみどりの窓口

・JR駅の指定席券売機

・旅行会社など

・金券ショップ「未使用の青春18きっぷが何故か定価以下で買えます」

最近まで知らなかったのですが私が住んでいる岐阜などの田舎でも金券ショップで青春18

きっぷが販売されていて様々な残り回数の切符が売っていて驚かされました。

金券ショップではバラ売りなどもされていてタイミングさえ合えば青春18きっぷが格安で

購入することが出来ます。

一般的には使用期間が短くなるにつれ販売価格も安く購入することが出来ます。

青春18きっぷの使い方のおすすめ

平成27年度から消費税の関係で値上げされて11,850円になりました。

全国のJR線の普通列車が1回あたり2,370円で1日乗り放題でスタンプを押してもらった当日

の旅行中は乗り降り「途中下車」も自由です。

1人で5回分または5人までのグループ利用が可能です。

名古屋から大阪間を普通列車で利用すると運賃は3350円で所要時間は3時間弱で到着すること

スポンサードリンク

が出来ます。朝早く出発すれば午前9時前後に大阪に到着することが出来てUSJなどのテーマ

パークや観光を楽しんで午後21時頃を目安に大阪から名古屋に向かえば日帰り旅行としても

楽しめます。半額以下ですから恐ろしいコストパフォーマンスです。

東京から大阪など長距離を旅する移動距離を競うような使い方もおもしろいと思うのですが

乗り降り自由なのが18きっぷの良いところでもあると思います。

片道4時間程度の目的地を設定したらその途中の気に入った駅で降りて散策してみたりして

のんびり旅してみるのもおすすめです。

青春18きっぷの余りを売る

買い取り金額や販売金額は金券ショップによっても違うと思いますが使用期間が3週間程度

残っていれば残りの使用回数によっては高く買い取ってもらえます。

買い取り金額が一番、高額になるのは残り1回使用できる切符のようです。

4人家族で日帰り旅行に使用した残りやお盆に田舎に帰省する時に使う青春18きっぷは

2つ新品を購入して残りを1回づつ使用できるように残して売るようにするのが良いでしょう。

地方都市であっても金券ショップはあるでしょうから問い合わせてみるのがおすすめです。

まとめ

年間に3回販売され格安でJRの普通列車が乗り降り自由で利用できるのが凄い。

販売期間と使用期間に若干の差があるので間違えないようにしましょう。

特例以外では特急などに乗車が出来ないので注意しましょう。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ