飛行機の座席のおすすめ!国際線のエコノミーで子連れ旅行を楽しむ!

国際線のエコノミークラスで子連れの海外旅行を楽しむ為に選ぶ飛行機の座席のおすすめの

位置について解説しています。海外旅行へ行く場合に計画が早ければ飛行機の座席を選ぶ事が

出来るツアーなどもたくさんあります。

スポンサードリンク

飛行機の座席のおすすめ 国際線

国際線でも空港や目的地によっても飛行時間は異なります。目的地にもよりますが韓国や中国

で2,3時間、グアムやサイパンでも3,4時間で到着します。

小さなお子さんを連れての旅行でもない限り3時間程度のフライトであればあまり問題は無い

ような気もしますが飛行時間が6時間、7時間を越える長時間を飛行機の中で過ごす時は

機内の座席の位置も旅行を楽しむ為の重要なポイントになります。

国際線の場合は特に搭乗手続きを含む待ち時間が凄く長いので小さなお子さんにとっては

疲れる原因にもなる訳です。

飛行機の座席のおすすめ エコノミー

飛行機の座席はファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスに分かれていて

エコノミークラスの座席は通常、飛行機の主翼の少し前あたりから後部の座席になります。

私も家族旅行で国内線、国際線と何度か利用したことがありますが一般的に言われている

飛行機の乗り心地や騒音などについての考えをお伝えしたいと思います。

・主翼より前の機首に近い方が揺れが少ないと言われています。

・主翼より後方の席はエンジンの騒音がうるさい。

などと言われているようですが私はあまり大きな違いを感じることはありませんでした。

エコノミークラスは座席の占有スペースが一番狭い設定になっているのでもし選べるなら

後ろに席が無い場所にしてシートをリクライニングさせる時に後ろの席の方に気を使わなくて

良い席が伸び伸びと座ることが出来て良いのではないかと思いますがそのような席の設定は

スポンサードリンク

無く非常口付近の席ではリクライニングが出来ない席もあるので国際線の飛行機ではそんな

席を選ばないように注意しましょう。

飛行時間が7時間程度を越えると機内食が2回ありますがエコノミークラスの席では前列から

配られるため、肉と魚などメインを選べる場合に後ろの方だとオーダーが偏ると選択できない

こともあるようです。

エコノミークラスで席を選ぶ場合にはなるべく機首に近くシートを選んだ方が飛行機を降りる

時の待ち時間が短く当然、入国手続きも早く受けられるので長く待たされないのでおすすめの

ような気がします。

トイレは区画ごとの後列にあるので不便は感じません。

飛行機の座席のおすすめ 子連れ

子供は窓側の席の方が外の景色が見れて喜ぶかも知れません。最も飛行機が離陸してからの

ほんの僅かな時間だけです。

フライトの時間が長くなると子供によっては手荷物からの荷物の出し入れがある為、親は

通路側の席の方が都合がいいでしょう。

子連れの場合、子供は長い時間じっとしているのが辛く、間が持たないので機内では任天堂の

3dsなどゲーム機を持ち込んでゲームをしていました。

子供連れで海外旅行に行くのは普通、子供の通う学校が休みの旅行シーズンになるでしょう

から座席の空きはあまり期待できないと思いますが航空会社では飛行機の機首に近い席から

埋めていく傾向もあるようです。

場合によっては機内で過ごす時間に限って言えば最後部の席は乗客が少ない便であれば楽に

過ごすことが出来るかも知れません。

まとめ

旅行シーズン中は国際線も混み合うことが多く子連れの場合は待ち時間を短くすることに

徹したほうが疲れないで楽しい旅行を満喫することが出来ると思います。

国際線のエコノミークラスに限って言えば席による快適さに大きな違いはあまりないかも

知れません。

スポンサードリンク