かたつむりの飼い方!飼育方法と餌や寿命と注意することについて

かたつむりの飼い方や飼育方法と飼育する時に注意する事や餌や寿命等、かたつむりの生態に

ついて記載しています。

スポンサードリンク

かたつむりの飼い方

飼育するのに最低限準備したいもの

飼育ケースはプラスチックの昆虫などの飼育ケースやガラスの水槽などで大丈夫ですが蓋が

出来ないとかたつむりが逃げてしまいます。

2匹以上で飼育すると産卵する場合がありその時は素焼きした植木鉢に日光で消毒した土を

入れておくとそこに土を掘って産卵します。

飼育ケースの底の部分に落ち葉を敷いたりすると保水力が上がってかたつむりは喜びますが

定期的に取り替えたりする必要があって管理の面は難しくなります。

上手く育てると5月から7月くらいにかけて産卵し20日程度で孵化します。

生まれた時から小さな殻を背負っていて濡れた筆などでつぶさないように親のかたつむりとは

別の容器に移して飼育するのが良いと思います。

この時落ち葉などを容器の底に敷いておくと掃除する時、間違って捨てたりするとかわいそう

なのでキッチンペーパーや新聞紙などを水で湿らせてそこに敷いてあげるとかたつむりの

赤ちゃんが見つけ易く小さい内はカルシウムを多めにえさとして与えるようにします。

寄生虫の感染などを防ぐためかたつむりの世話をした後は手をきれいに洗浄するのを忘れない

ように行います。

かたつむりの飼育をする時の餌

餌の野菜はよく水で洗ってから与えます。

キャベツや白菜、レタスなどの葉物からきゅうりやなす、人参や大根、カボチャなど野菜で

あればほとんどのものを食べます。

かたつむりによっても好きな野菜の好みに違いがあるようでとてもおもしろいです。

背中にのせた貝殻のカルシウム分の補給のために卵の殻や鳥用のカットルボーンや爬虫類を

飼育する時のカルシウムパウダー等でも代用できます。

水に濡れた新聞紙やチラシ、段ボールなども食べことがあるようです。

葉物系の野菜を食べるときに周りが静かだと食べる音が聞こえることがあるそうですがまだ

聞いたことが無くて残念です。

スポンサードリンク

飼育の方法 飼育するケースは日陰の風通しの良い場所に設置します。

かたつむりは湿った場所を好むので定期的に霧吹きなどで水分を補給します。

水を与えすぎて容器の底が水浸しにならないようにします。

落ち葉があると多少防ぐことが出来ます。

園芸用の腐葉土などでも代用になると思います。

飼育ケースも定期的に中のものを出して洗ってあげるのが良いです。

かたつむりの飼育と寿命

野生のかたつむりの寿命は種類によっても違い3年から5年位ではないかと言われています。

飼育されていたかたつむりの記録として10年以上生きていたという記録もあります。

人間が飼育した場合は外敵に襲われることもなく環境に気をつけてあげれば長生きして

くれる気がします。

夏の暑い時期には長い間、殻に閉じこもったまま何日も全く動かない場合もあり夏眠するとも

言われていますが殻の入り口に薄らとした膜を張って閉じこもったままになります。

生きているかどうかは殻の中の状態を注意深く確認することでわかるようですが霧吹きなどで

水を与えて湿度が上昇すると出てくる「自然界でも夏に雨が降る状態」ようですがしばらく

活動してすぐ殻に閉じこもる時は環境がそういった状態になっているのかも知れません。

夏眠中に何度も繰り返し起こすと弱ってしまうのではないかと思ったりもします。

かたつむりの飼育、冬眠について

気温が下がってくるとかたつむりは冬眠します。室温を20℃以上に保つことが出来るなら

冬眠等はせずに飼育することが出来ますが夜間などヒーターなどで温度管理しないと難しく

外気温が下がってきた時にどうするか考える必要があります。

落ち葉などを飼育ケースの中に追加して寒暖差の少ない場所に移動し定期的に水を補給して

乾燥しすぎないように注意します。

まとめ

小学校の頃、夏休みの自由研究などのためによく観察したりしながら飼育していました。

飼育する数が多い程、飼育ケースの環境等が早く悪くなり掃除を頻繁にする必要があります。

餌は腐ったりすると食べないし害虫などが発生する可能性もある為こまめに取り替えが必要

です。食べるものによって糞の色が変わったりします。

スポンサードリンク