七草粥はいつ食べる?使う種類と由来について

春の七草やお餅などを具材とする塩味のお粥で祝膳や祝酒つまりお正月の間にご馳走

疲れしている弱った胃を休める為に食べられたのかもしれません。

一年の無病息災を願って食べられる訳なのですがいつの時代も人の願いは変わらないもの

なのかも知れません。

スポンサードリンク

七草粥はいつ食べるものなの?

1月7日の朝に今年一年の無病息災を願い食べるというのが通説のようですが特にいわれや

根拠がある訳ではないようです。

日本ではおめでたいことやお願い事は午前中に行ったほうが良いと考えられているので

そのせいかもしれません。

昼食や夕食に召し上がっても差し支えないと思います。

七草粥には何を使うの?

・セリは健胃・食用増進・解熱・利尿・去痰に効果があるとされます。

・ナズナは止血・消炎・鎮痛・利尿・解熱・下痢止めに効果があるとされます。

・ゴギョウはせき止め・去痰・扁桃腺炎・利尿に効果があるとされます。

・ハコベラは利尿・乳汁分泌促進・歯痛・消炎に効果があるとされます。

・仏の座は健胃・食欲増進・歯痛に効果があるとされます。

・スズナは消化促進・解毒・せき止め・そばかすに効果があるとされます。

・スズシロは消化促進・せき止め・去痰・利尿に効果があるとされます。

スポンサードリンク

七草粥の由来や意味は?

もとは中国の前漢時代に元日は鶏、2日は犬、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、

7日は人の日としてそれぞれの占いをして、8日に穀を占って新年の運勢を見たことに由来

するそうです。

唐の時代には、人日の日に七種菜羹(ななしゅさいのかん)という七種類の若菜を使った

汁物を食べて無病息災を願う風習があったようです。

羹は熱いもの、汁という意味です。官吏昇進が1月7日だったためその日の朝に七種菜羹

を食べ立身出世を願ったそうです。

7種類の野菜を刻んで入れたおかゆを七草粥と呼び邪気を払い万病を除く占いとして食べた

ようでおせち料理やご馳走で弱った胃を休め野菜が不足しがちな冬場に栄養素を補う目的

もあったのではないでしょうか。

前日の夜にまな板に乗せて囃し歌を歌いながら包丁で叩き当日の朝に粥に入れる等

古来の文献にも残っています。

七草粥の作り方

・洗ったお米を30分ほど水につけます。

・通常に炊飯する3倍くらいの水に塩を少々入れる。

・中火で、沸騰したら火を弱めてから40~50分くらい。

・七草は刻んで素早く湯通ししておく。

・水分量を加減しながらできた粥に塩やだし汁を適量加え七草を入れて完成です。

変わりつつある風習ですが家族でこういった食事もたまには良いかもしれませんね。

スポンサードリンク