長良川全国花火大会の会場付近のスポットや駐車場と時間について

8月の第1土曜日に行われる岐阜新聞主催の長良川全国花火大会の会場付近で子連れでも楽しく

時間を潰せるようなスポットや駐車場、バスなどの混雑する時間について地元在住者が詳しく

お知らせしてみたいと思います。

スポンサードリンク

長良川全国花火大会の会場

岐阜市の長良川河畔では7月の最終土曜日と8月の第1土曜日の2週連続で3万発もの花火を

打ち上げる大きな花火大会が続きます。

岐阜以外から花火を見に来られる方にとってはわかりにくいかも知れませんが主催者が違い

7月は中日新聞、8月は岐阜新聞です。

花火の打ち上げ場所や主催者が用意する無料駐車場はほとんど同じ場所です。

8月に行われる岐阜新聞主催の長良川全国花火大会は今年、第70回を迎えます。

長良川全国花火大会の日程

2015年8/1(土)19:30~20:45小雨決行

荒天の場合2015年8/29(土)に延期

打ち上げ場所長良川河畔(長良橋~金華僑間)

最寄りの駅
名古屋鉄道岐阜駅

JR岐阜駅

会場には名鉄の方が少し近く、どちらも駅からはバスで会場へ向かうことになり徒歩だと

50分から1時間位かかります。

★長良川全国花火大会の打ち上げ場所付近と最寄りの駅周辺の地図を旅ノートで見てみる★

会場付近の混雑は夕方16時位から徐々に始まり車でのルートも同じです。

どこの花火大会もそうなのですが帰る時がみんな一斉なので帰りの方が大変です。

出かけるときは打ち上げ場所からすぐそばの長良橋や鵜飼屋のバス停でバスが止まるのですが

帰りは岐阜市役所か裁判所前まで歩かないとバスに乗れません。

長良川全国花火大会のスポット

会場付近の施設では長良川球場の内野スタンドが無料開放されたり岐阜メモリアルセンターの

サンサンデッキ、芝生広場からも花火を観覧することが出来ます。

近くで迫力のある花火を見たい場合は長良川の右岸、左岸どちらも良く見えますがメイン会場

になるのは長良橋を北に渡った右岸側になります。

長良橋からひとつ下流の金華橋までの間に打ち上げ場所があり長良橋付近には南北どちらにも

食事が出来る場所や少し離れるもののコンビニなどもあります。

スポンサードリンク

余程の大人数でない限り夕方からでも場所は確保できるので早く到着した場合に子連れで

時間潰しが出来る場所としては岐阜公園が最適です。

金華山という山のふもとにある施設で岐阜市歴史博物館や名和昆虫博物館があり

ロープーウェイで山頂まで上がると岐阜城やリス村などがあります。

岐阜城まで歩いて登るルートもあり公園内は結構、楽しめます。

岐阜公園には1日100円でかりられるレンタサイクルがあり付近を散策することも可能です。

長良橋を北に渡った長良川右岸の東側には長良川うかいミュージアムがあり長良川の鵜飼い

について知ることが出来ます。

長良川全国花火大会の駐車場

近くて安いのは岐阜公園堤外駐車場で花火会場まで歩いてすぐだし1日300円で

止められ格安なのですが第1、第2駐車場を合わせても200台程度なので花火当日は激戦です。

朝8時30分から始まりますが当日は午前中の早い時間に入庫しないと厳しいかも知れません。

駅から会場の中間地点の柳ケ瀬付近や駅周辺にも有料駐車場が多数ありますが夕方16時位には

多少の出入りはありますが空きが少ない状態になります。

主催者が用意する無料駐車場は岐阜県庁に約700台、一日市場臨時駐車場に約1000台の駐車

が出来き午後15時からの開放で、有料のシャトルバスで乗客が埋まるたびに順次出発して

メモリアルセンターの北ゲートまで運んでくれます。

7月の最終土曜日に行われる

長良川中日花火大会の情報と長良川で行われる花火を見る穴場スポット

についてはこちらをご覧ください。

長良川全国花火大会の混雑の状況に関して

長良川の花火大会は行きより帰りの混雑が激しく向かう時に乗ったバス停から帰りの便は

運行されず岐阜市役所や裁判所前まで歩かないとバスに乗車できません。

バスが来てもすぐに満員になるので長く待つことになります。

会場から駅に向かうバスは多数臨時便が増発されますし電車も名鉄、JRとも増発されます。

乗れなくて帰れなくなるという心配はないのですが時間がかかるのが難点です。

スポンサードリンク