とうもろこしのゆで方や蒸し方!ゆで時間と電子レンジについて

とうもろこしのおいしいゆで方や蒸し方について動画を使って解説しています。

ゆで時間と電子レンジを使った場合などについてもまとめてみました。

スポンサードリンク

とうもろこしゆで方とゆで時間

とうもろこしは収穫された後、時間の経過とともに鮮度が落ちて風味が損なわれていきます。

生のままで味や鮮度を保つのは難しいので収穫されたその日のうちに茹でて、冷凍保存する

ようにします。スーパーマーケットなどの店頭でも産地直送のブランド品の生で食べる事の

出来るとうもろこしも見かけるようになりましたが甘いとうもろこしをゆでて食べるのが

個人的には好きです。

とうもろこしのシャッキリしたみずみずしい甘さが好みの場合は沸騰したお湯で茹でます。

あふれるような素材のジューシーさが好きなら水から茹でます。

とうもろこしのおいしく茹でるゆで方の動画です。


ゆですぎると食感がやわらかくフニャフニャとみずみずしさを失ってしまいます。

最近、店頭で販売されているとうもろこしの中でも人気がある品種はスーパースィート系

のようです。

品種によって最適のゆで時間は多少違いますが3分から5分と覚えておいて下さい。

とうもろこしの蒸し方と蒸す時間

皮をむかずにつけたまま蒸し器で蒸すのが一番おいしいと言う方も見えます。

理由は茹でるととうもろこしの旨みや栄養がお湯に溶け出してしまうからだという答えを

よく聞きます。

蒸し時間は沸騰してから蒸し器にとうもろこしを入れ5分程度蒸せば良いでしょう。

蒸しあがったとうもろこしを氷水に1分ほど浸けると冷めた後もとうもろこしの実が

スポンサードリンク

しわしわになりません。

とうもろこしの電子レンジでの時間

皮付きのまま500Wの電子レンジで1本5分程度、600Wなら4分ほどです。

皮が付いていない場合はラップに包んで電子レンジで加熱します。

キッチンペーパーを水に浸しとうもろこしを包んで電子レンジを使って蒸すのが良いと言う

方も見えます。

もちろん水に入れないので栄養も損なわないため電子レンジが一番良いとおっしゃいます。

科学的にはとうもろこしは生の状態と比べてゆでる、蒸す、電子レンジで加熱しても甘さは

さほど損なわれないし水溶性のビタミンなども少ない為、加熱方法によって栄養価もほとんど

変わりません。

さて甘くてとても美味しいとうもろこしですが1本どれ位のカロリーがあるのかご存知ですか?

ダイエット中の方やとうもろこしを使ったダイエットに興味のある方はこちらです。

まとめ

某テレビ局の番組で「モニタリング」というのがあるのですが人は先入観やその時のちょっと

した状況で感じる味、味覚に変化が起こります。

とうもろこしに限らず素材を蒸す、茹でる、電子レンジはその時の状況によってうまく使い

分けましょう。

とうもろこしをおいしく食べる為には収穫されてから調理されるまでの時間、鮮度が一番

重要です。

特売やいただき物などで少し鮮度が悪くなったとうもろこしは沸騰したお湯に、砂糖を2%、

塩2%を入れてゆでると多少なりとも採れたての甘さに近づける事が出来ますので是非

試してみて下さい。

スポンサードリンク