新生姜の甘酢漬けの作り方!ガリの保存期間や効能について

新生姜の甘酢漬けの作り方を動画を使って解説しています。ガリが出来上がった後の保存期間

や効能についてもまとめてみました。

スポンサードリンク

新生姜の甘酢漬けの作り方

新生姜とは種生姜「古根生姜」の上に新しく成長した部分で6月から8月の夏の時期に収穫

される生姜のことです。

新生姜は水分を多く含み柔らかく古根生姜に比べると辛さも控えめです。

新生姜を使った甘酢漬け、ガリの作り方を説明します。

新生姜を漬け込む甘酢の作り方は種類も様々で使用される酢の種類、砂糖などの甘さも好みに

合わせて調整するのが良いでしょう。

基本的な新生姜の甘酢漬けの作り方

基本的な作り方の流れはきれいに洗った新生姜を好みの大きさにスライスし辛みを取る為に

沸騰したお湯で10秒から30秒程度茹でます。

ゆで過ぎるとシャキシャキした食感がなくなるので気を付けます。ザルなどで良く水を切る

のがポイントです。温かいうちに作っておいた甘酢に漬けると鮮やかなピンク色になります。

米酢と白のワインビネガーを使った2種類の新生姜の甘酢漬けの作り方を動画で説明します。

スポンサードリンク

酢や砂糖の分量なども参考にしてみて下さい。

新生姜の甘酢漬け保存期間

正しく消毒した密閉できる容器に漬けて冷蔵庫で保管すれば1年近く長期保存が可能だと

いうお話も聞くのですが塩が薄かったり生姜から甘酢に汁が出たりすると濁ったりする

場合があります。生姜が空気に触れないように甘酢の表面をラップなどで覆ったりすると

良いでしょう。

初めて新生姜の甘酢漬けを作る場合には1ヶ月から2か月程度と考えていた方が良いかも

知れません。

新生姜の甘酢漬けの効能

新生姜と古根生姜、どちらも栄養価的には大きな違いはありません。

甘酢に漬けた生姜には食中毒を防止する働きや血流を良くして新陳代謝も良くなり胃の

調子を整えてくれます。

漬けてある酢にも内臓脂肪の減少や血糖値上昇の抑制、疲労回復の効果などが期待でき

両方の食材の相乗効果もありそうです。

まとめ

生姜の甘酢漬け「ガリ」の歴史は古く江戸時代には庶民の口に入っていたようです。

辛みがやわらかい新生姜は甘酢漬けを作るのに向いているので是非試してみて下さい。

基本的な作り方をマスターしたら好みに合わせてレシピをアレンジしてみるのも良い

でしょう。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ