戒名料はいつ渡す?渡し方やタイミング お布施とは分けるのが正しいの?

お坊さんへの戒名料はいつ渡すのか、渡し方や渡すタイミング、お布施と戒名料は分けて

用意したほうが良いのか、どちらが正しいのかについてまとめてみました。

スポンサードリンク

戒名料はいつ渡す?渡すタイミング

お布施は、菩提所などご先祖様が代々お世話になっている寺院があるときにはお通夜や葬儀

をお願いに行った時や、通夜が始まる前にお渡しする場合とお通夜の席のお勤めの後、お帰り

の少し前にお渡しする場合もあります。

戒名はお通夜を行う前にお寺の方と相談しながら決めていただくのが通例です。

生前の人柄などを参考にしながら故人にふさわしい戒名を授けていただくことになります。

お通夜の席でのご当家の状況やお坊さんの都合などによっても戒名料をお渡しするタイミング

が変わることもあります。

菩提寺が決まっていなくて葬儀社にお寺の手配をお願いするような時は、お寺さん

「お坊さん」と初めての顔合わせになりますので、基本的には依頼した葬儀社が挨拶の場を

セッティングしてくれます。通常はその時に

「本日は故人○○の戒名ありがとうございます。お勤めもどうかよろしくお願いします。」

と挨拶をし、お布施をお渡しすることになります。

この場合も会葬者の対応などで時間が作れない場合には式が終わってからお布施を渡す

ケースもあるようです。

戒名料の渡し方

お布施や戒名料は手渡しするのではなく、お盆の上に載せて渡すのが一般的な作法

されています。

お布施をお盆「切手盆」に載せ封筒に記入した文字が僧侶の正面を向くように差し出します。

切手盆が無い時は袱紗「ふくさ」にお布施を包む方法もあります。

お布施と戒名料は分ける方が良いのか?

依頼する寺院やお坊さんによって違う場合もあるようです。

※戒名料は戒名のランクによって異なりますので読経等の謝礼としてお渡しするお布施とは

スポンサードリンク

別にする場合と、お寺にお渡しする際に戒名料も含めて「お布施」としてお渡しすることも

あります。

仏教の葬儀は死者を弔うためのお別れの儀式という意味合い以外に生前に正式に仏教徒に

なるための儀式を受けることができなかった死者に対して死を契機として導師を努める

僧侶の元に弟子入りし、仏教徒としての戒めを授かるという意味合いも含まれています。

お通夜や葬儀の時にご縁のあった師「お坊さん」から弟子としての名を授けてもらうという

流れです。

最近では、初七日までのお勤めを「枕経、通夜、葬儀、告別式、還骨勤行、初七日」と

まとめてお渡しするケースも多くなっています。

もし日にちを分けて初七日の法要を行なう場合には、お布施は別途お渡しします。

※初七日の法要は、本来は亡くなってから7日目に行われるのですが、現在では

遺族や参列者の日程に配慮し、葬儀当日に済ませるケースが増えています。

火葬場から戻ってきてから遺骨を迎える儀式「還骨勤行」と「初七日法要」は合わせて

行われることが多いです。

故人に財産があって相続が行われるような場合にお布施や戒名料は葬式費用として控除

されます。

寺院によっては読経料、お布施、戒名料等については、非課税扱いなのに領収証を発行しない

ところも多いです。

分けてお渡ししたほうがスッキリするとお考えの場合には分けられても問題ありません。

まとめ

戒名料やお布施を渡すタイミングはその時によって違いますが通夜の前のご挨拶やお願いを

する時やお勤めが終わって帰られる時のどちらかになります。

葬儀後にお寺にお届けするケースもあります。

お布施や戒名料をお渡しする時は手渡しではなく切手盆に載せてお渡しするのが一般的です。

戒名料とお布施を分けたほうが良いかどうかについては寺院や僧侶に伺ってから決めたほうが

トラブルにはならないかも知れません。

スポンサードリンク