便秘に効果があるホットヨーグルトの作り方!夜と朝どちらが効くの?

便秘に効果があると言われるホットヨーグルトの作り方や他の食材の組み合わせや夜と朝、
いつ食べるのがより効果的なのかをまとめてみました。

スポンサードリンク

ホットヨーグルトの作り方と便秘に効果があるのか?

ホットヨーグルトは便秘やダイエットに効果があるとしてテレビなどには定期的に取り上げ

られています。

ホットヨーグルトに限らず様々なヨーグルトの新商品が発売される理由はビフィズス菌に

代表されるような腸内の環境をより良い状態に整えるとされる善玉菌が含まれていて

ヨーグルトを食べることによって自身の腸内環境も良い状態に整えてくれるという考え

からです。

冷蔵庫で冷やしたヨーグルトを温めることにより善玉菌の活動を活発にしたほうが

便秘解消にはより効果的ではないのか?

と考えられメディアに登場した経緯があるようです。

ホットヨーグルトの作り方もいたって簡単でラップをしないで500wのレンジで100gで

30秒ほど加熱するだけです。

ホットヨーグルトはいつ食べる?夜か朝なのか?

ヨーグルトを食べるタイミングは、求めている効果により変わるとされています。

便秘の解消には食後、ダイエットなら食前になどの情報をネットではよく目にします。

一番効果的なのは腸のゴールデンタイムと言われている、22時〜2時がベストといった

内容です。

ある大手ヨーグルトメーカー「乳酸菌を販売しているメーカー」の検証データもあるのですが

ヨーグルトを夜、寝る前に食べると良いというのは本当なのか?という検証結果のデータ

です。

検証結果としてデータが表す数値としては朝ヨーグルトを摂取するのがより効果的である

というデータです。

個人的には検証データのもととなる数が足りないような気がします。

またある医師が指摘する説をみると日本はここ30年ぐらいの間に、アトピーや花粉症の

患者が驚くべきスピードで増加していてその数はいまや5人に1人と言われている。

なぜこれほどアレルギーを起こす人が急増したのか、第一の原因として、1960年代

初めに始められた学校給食の牛乳にあるのではないか?

過酸化脂質を多く含む牛乳は、腸内環境を悪化させ悪玉菌を増やし、腸内細菌のバランスを

スポンサードリンク

崩し結果として、腸内には活性酸素、硫化酸素、アンモニアなどの毒素が発生します。

ヨーグルトなどの乳製品に関しても毎日食べ続けるのは良くないという説もあります。

では一体どうしたら良いのか?

乳酸菌を含むヨーグルト製品は800種以上あって、人によって合う菌と合わない菌がある。

まずはひとつを5~7日食べてみて、効果がなかったり実感が出来ない場合には種類を

変えてみるのが良いという説です。

人間も生き物なので個体差があり食べても太らない体質の人もいれば少し油断するだけで

体重に出てしまう人もいる訳です。

薬や食べ物に関しても同様である人には有効であってもある人にはそれ程効果が見られない

こともある訳です。

まずは試してから判断するというスタンスが良いのかもしれません。


ホットヨーグルトの組み合わせ

「バナナ」

便秘にはホットヨーグルトにバナナ「一口大に切ったものを入れる」のが最も効果的と

言われる方も見えます。

「はちみつ」

美容に効果的なビタミンB郡やビタミンKが含まれていて、お肌もつややかになる。

「しょうが」

ポカポカと体の内側から代謝を促進し体を温めてくれるので眠りにもつきやすい。

「ココア」

高酸化作用のあるポリフェノールが多く含まれていてアンチエイジング効果が期待出来る。

シミ、シワ、白髪を予防にも期待が出来る。

「きなこ」

女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンや老廃物を体外に排出する水溶性の

食物繊維、便秘を解消する不溶性食物繊維が含まれている。

まとめ

ホットヨーグルトの作り方はラップをしないで100gに対して500Wで30秒ほど加熱する

だけです。

ヨーグルトはカロリーも低く他の食材と組み合わせることによって便秘の解消の効果を上げる

ことが出来ます。

食べる時間や時期としては便秘解消には朝の方が効果的であるとデータもあります。

人間にも個体差がある為、一定期間試してみて効果が実感できない場合には違うものに変えて

みるのも方法のひとつです。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ