しめ飾りはいつから飾る?喪中の場合はどうしたらいい?

正月行事というのは、そもそも歳神様という新年の神様をお迎えするための行事だった

そうです。古来、年神様は各家々にやってきて幸せを授けてくださると考えられていた

ようです。お正月が近くなるとしめ縄やしめ飾り鏡餅や門松を飾り歳神様を迎える準備を

したのだそうです。

スポンサードリンク

しめ飾りはいつから飾る?

本来は12月13日のすす払いが終わり、歳神様をお迎えするのにふさわしい場になって

から飾るとされていました。

最近のカレンダー(暦)にはのらなくなりましたね…

昔は12月13日を正月事始めといい正月準備を始める目安としていたわけです。

クリスマスもあって早すぎてもなぁと思うのであれば12月26日以降であればよいと

思います。私の場合毎年12月28日に行っています。

理由は末尾の8が末広がりで縁起がいい数字でありゲン担ぎです。

29日だと9が付くので避ける方が多いですし31日大晦日は一夜飾りといって縁起が

良くないと教わりました。

28日が都合が悪ければ30日を予備日にすればよいと思います。

しめ飾りは喪中の場合はどうするの?

各個人の心境によるところが大きいと思います。お飾りをする気になれなければそれでも

スポンサードリンク

良いでしょうし神道でいう50日を過ぎていれば時間的観念の早い現代社会では良いのでは

ないかと個人的には考えます。

私の場合は田舎住まいなので亡くなられた方が例え大往生で逝かれたとしても厳密には

記憶してないのですが9月とか10月の場合お飾り等はされないような記憶があります。

しめ飾りはいつ外す?処分の仕方について

私が住む地方では1月7日松の内まで飾り1月14日か15日の左義長に出し燃やしてもらいます。

私が住む地域では左義長といいますがお焚き上げとかどんど焼きと呼ばれお正月の飾り物

(門松やしめ縄、書初めなど)を焼いてもらう行事です。

各町内で集める神社や時間が決まっていると思います。

岐阜市周辺では玉飾りと呼ばれるよく見ると後ろのしめ縄が玉のような輪になっていて

太いしめ縄を輪にしたものに、裏白、紙垂、譲り葉、橙、海老、扇など色々な縁起物を

つけたしめ飾りを玄関に飾ります。

住む地方によってしめ飾りの形も違ったり飾る場所によっても違ったりするようですね。

左義長にしめ縄やしめ飾りを出し忘れた場合でも神社やお寺に収めに行けば引き受けて

いただけるようです。

スポンサードリンク