タープのロープ結び方!ポールやペグと自在金具がない場合は?

キャンプでタープを設置する場合のロープの結び方を動画を使って解説しています。

ポールやペグへのロープの結び方や自在金具が無い、紛失したような場合のロープや

紐の結び方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

タープのポールへのロープの結び方

通常タープにはポールを差し込むための穴が開いていてポールを差し込んだあと上部に

ロープを結んで「輪っかを作り引っ掛ける」地面や木などにテンションをかけて固定する

のが一般的です。

もやい結びで輪っかを結んで引っ張るようにすれば結び易くほどく時にも簡単にほどく

ことが出来ます。「もやい結び」の結び方の動画です。


ポールの頂上部分、先端にはロープに輪を作って引っ掛けける結び方で非常にほどけにくい、

安全性が重視されるような場面で使われるのが

「ダブル・フィギュア・エイト・ノット」です。

「ダブル・フィギュア・エイト・ノット」の結び方の動画です。


完成したらポールの先端に引っ掛けてテンションをかけるだけです。

もやい結びとダブル・フィギュア・エイト・ノットの使い分けですがほどけにくく

強度が欲しい場合や「風が強かったりタープが大型の場合など」は

ダブル・フィギュア・エイト・ノットを使えば良いと思います。

もやい結びが強度が弱いとかいう事ではなくロープの太さなどによっても使い分ければ

良いでしょう。

また何らかの理由でタープのポールにロープを結びたい場合には「まき結び」を使います。

ポールや立ち木に結びつける時の「巻き結び」の結び方の動画です。

スポンサードリンク

タープとペグの結び方

タープを立てるポール上部からロープを引っ張って地面に固定する場合ペグにロープを結ぶ

必要があります。

場合によってはタープの穴に直接ロープを結ぶ場合もあるでしょう。

タープをペグなどで固定する場合に自在金具などがあればロープの張りを調節することが

出来るのでペグ側も「もやい結び」や「ダブル・フィギュア・エイト・ノット」など輪っかを

引っ掛ける結び方でも構わないと思います。

タープのロープの結び方で自在金具が無い場合

キャンプなどでタープを設置する場合には風などで簡単に倒れたり飛ばされたりしないように

地面などにロープでしっかり固定する必要があります。

結ぶヶ所は2か所、タープ側と地面側になるのですがしっかり固定するにはロープ事体の張り

「張力」を調整してやる必要があります。

結んだロープがたるんでいては張力や強度が全くない訳です。

こんな時に自在金具があればロープに通しておくだけでロープの張力を簡単に調整できる

のですが自在金具をうっかり紛失しているのに気付かずタープやテントを設置するときに

なってわかった場合にロープの張り具合を調節できる結び方があります。

テントやタープの張り具合を調節することが出来る「自在結び」の結び方の動画です。

まとめ

ロープの結び方は何千種類も有るそうなのですがアウトドア、キャンプでテントやタープを

張るのは最低限必要な数種類のロープの結び方を覚えてしまえば問題はありません。

結び易く、ほどき易い、強い強度がある結び方が理想的な訳なのですがロープの材質や結ぶ

場所によっても結び方には長所や短所がでてきます。

その時々で不便を感じた時に少しずつ結び方を覚えてキャンプやアウトドアを楽しんで

みて下さい。

スポンサードリンク