犬の暑さ対策で室内で留守番させる時エアコン以外の方法とは?

犬は高温多湿になる日本の暑さが苦手で気温が23℃以上、湿度が60%を超えてくると

熱中症にかかる可能性も高くなります。

留守番させていた犬が熱中症にかかり発見が遅れたりすると死亡するケースもあるので

暑さ対策は万全にしたいものです。

スポンサードリンク

犬の暑さ対策エアコン以外

犬を夏など気温が高くなる季節に単独で留守番させる場合に気を付けたいのが熱中症

対策です。

犬の暑さが苦手な大きな理由は汗がかけない、汗腺が未発達で足の裏くらいしか汗が

でない為、人間のように汗をかいて体温を調節することが出来ないからでその代わりに

暑い時や走った後など体温が上昇した時に口から大きく舌を出してハアハアと

「パンティング」あえぎ呼吸をして熱を発散させます。

夏の時期にエアコンなどの対策を何もしない室内は短時間で40℃を越す場合もあります。

気温や湿度が高い季節に留守番させる場合エアコンを28℃くらいの自動設定で

つけっぱなしで外出できれば良いのでしょうが様々な理由からそれが出来ない時は

犬の暑さ対策が必要です。

停電等の突発事故でエアコンが止まってしまうリスクがあることにも注意します。

もちろん戸建てやマンション、アパートといった住居の構造や防犯も考えながら対策します。

外気を取り入れながらの暑さ対策が出来ない場合には暑さ対策のグッズを利用することに

なります。

・冷却マットの使用。「大理石やアルミプレート、柔らかくゼリー状の形状など多種」

・すのこを敷く。

・ペットボトルの水を凍らせてタオルを巻く。

・アイスノンにタオルを巻く。

・浴室に出入りできるようにしておいてあげる。

・玄関先も犬はお腹を冷やすことが出来て好む場所です。

・扇風機と除湿器の併用や冷風機の使用。

※エアコン程電気代がかからない。水が自由に飲めるような工夫も必要です。

犬の暑さ対策グッズで大理石

部屋に場所を決めて敷いて使うタイプの犬の暑さ対策グッズの中では人気があります。

理由はアルミボード、アルミプレートといった金属系の光る素材は犬の性格にもよりますが

嫌がって上に乗らないこともあります。

ビニールや樹脂製のジェルマットのような構造だと噛んだりして穴を開けてしまうことも

スポンサードリンク

あります。

すのこと大理石を組み合わせて使えばフローリングや畳の上でも気にせず使用することが

出来ます。

室内でケージに入れたりしたまま留守番させる場合はマット等が敷いてない逃げ場を作って

あげて犬がその時の状態で選べるようにしてあげましょう。

犬の暑さ対策グッズを動画でご紹介!

犬の暑さ対策 屋外

犬小屋を日陰になるところに置いたり直射日光や強い日差しが当たらないようによしず

などで遮ってあげる。

水分補給が自由に出来るよう注意しましょう。

下が土や芝生の方が好ましいのですがコンクリートだと温度が上がり易いので「すのこ」を

ひいて風通しを良くしその上に大理石などを置いた場所を作ってあげると良いでしょう。

犬の暑さ対策として水浴び「たらいに水などを入れて自由に入れるようにする」のも

良い方法です。

犬の暑さ対策の為にサマーカットをする飼い主の方が見えますが室内で陽にあたらないように

飼う場合は良いでですが屋外で飼ったり昼間のお日様が当たる暑い時期に外へ連れ出す場合、

犬の毛は皮膚に直射日光があたるのを防ぐ役割をしていて毛が極端に短くなることによって

体温の上昇につながってしまいます。

賛否両論のようですが太陽が当たる飼育環境の場合はサマーカットは一定の条件を除いては

避けた方が良いと思います。

まとめ

犬は暑さに弱く気温や湿度が高くなると熱中症のリスクが高くなり発見が遅れたり適切な

処置をしてあげないと死亡する場合もあります。

室内に犬だけを残して外出する場合はエアコン等を室温が28℃以下になるようにしてあげる

のが望ましいのですが様々な理由からそれが出来ない場合、自由に水を飲んだりその他の

暑さ対策グッズを利用して熱中症にかからないように注意が必要です。

夏の暑い季節にはエアコンを止めたまま密室にすると短時間で室温が40℃を越える

こともあり30分程度の外出であればエアコンはつけたままの方が節電になります。

犬のサマーカットは飼育条件によっては逆効果になる場合があります。

スポンサードリンク