入院のお見舞い金額で親戚の相場とは?封筒や水引について

高齢化社会の現代においては、身近な親戚が入院していることも多々あると思います。

礼儀と考えマナーとされていたことも次第に移り変わるのが世の常です。

スポンサードリンク

お見舞い金額の相場で親の場合

もちろん自身のご両親や義理のご両親の場合もなのですが金額的に多いのは1万円から

3万円という金額です。

中には自分の親だからお見舞いは必要ないのではなどと思われる方もあるようですが長男

であっても同居していなかったり養子として家を出たりする方もお見えになる訳です。

嫁いで来られた奥さんのご実家であったりご両親と同居していて経済的にも扶養している

ような状態でなければやはりお見舞いは必要なのではないかと思います。

お見舞いの金額の相場で親戚の場合

お付き合いの度合いにもよります。住んで見える地域が近かったり頻繁に顔を合わせる

機会があるような場合は1万円、あまりお付き合いがない場合で5000円位が妥当な

金額です。

もちろんこれらの金額は目安としてで自身の子供などの成長に合わせて事あるごとに

お祝いを贈ってくださった叔父さん叔母さんの場合には親さんと同等に3万円

お見舞いしてもおかしくありません。

またそのようなお付き合いをしてきたご親戚であれば退院した後の快気祝いなどでも

通常言われるお見舞いの半返しはされることと思います。

お返しを当てにしてお見舞いする訳ではありませんがそれがお付き合いだと思います。

スポンサードリンク

お見舞いの封筒や水引について

昔はよく自分よりも年上の方にはお金でお見舞いするのはマナー違反であるということが

言われたりしたこともありますがそれはおそらく血縁のない他人の場合の話です。

学校や会社、役所などの師と仰ぐような関係の場合には控えたというお話を聞いたこと

があります。

入院した理由や病状にもよりますが現代では現金をお見舞いとしてお包みすることは

良くあることです。

お金を入れる封筒も昔はあまり種類が無くお見舞いには紅白の結び切りの袋が使われて

いましたが現在は紅白の水引がお祝いの印象が強いために袋の横に赤いラインがついた

袋や無地の袋にお見舞いと書き下に名前を記入して届ける場合も増えてきています。

中に入れる紙幣に関しても新札を使ってはいけないと言われる方もお見えですが銀行に

両替しに行ってまで用意する必要はないですが新札であっても問題は無いと思います。

まとめ

入院見舞いの金額の相場は親であれば1万円から3万円、ご親戚であればお付き合いの

度合いによっても変わりますが5000円から1万円が多いようです。

以前はお金を入れる封筒として紅白の結び切りの水引の熨斗袋を使いましたが最近は

袋の横に赤いラインの入った封筒や無地のものが良く使われるようになってきました。

マナーや風習もその時代ごとに移り代わって行くものだと思います。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ