鏡餅はいつから飾る?結婚を機に新居で迎えるお正月とは!

お正月に鏡餅やしめ縄を飾り新しい年を迎え入れる。

日本古来の文化や風習についてあまり考える機会がなかったかもしれませんが

結婚を機に楽しみながら学んでいければいいと思います。

スポンサードリンク

鏡餅はいつから飾るのか?

私の場合は自身の両親から飾り始めの日として最も良いとされているのは12月28日

と教わりました。

8という数字は末広がりの意味を持つ数字として昔から好まれてきた数字です。

29日は9(苦)が付くためよくない日とされていて門松やしめ縄なども同じでこの日は

飾らないほうが良いと教わりました。

12月30日は鏡餅を飾ってもよいと思います。

12月31日大晦日に供えるのは、「一夜飾り」とされ、好ましくないと教わりました。

ただこの一夜飾りも地域によっては氏神様の創建の日であった場合は31日に合わせて

飾り付けをする地域もあるようです。

鏡餅をお供えするのに適した場所とは

一番大きな立派なものは床の間に供えるのが一般的です。

最近は住宅事情によってアパートには床の間がない場合もあり床の間がない場合は

神棚に飾ったりでもいいと思います。

もし神棚がなければ入り口から一番奥の部屋に飾ってあげると良いと思います。

昔はキッチンやトイレ、居間や書斎などさまざまな場所に供えたようです。

そもそも鏡餅はなぜお正月に飾るのかというと古来より日本では天皇家が代々継承してきた

スポンサードリンク

三種の神器の中の1つにもあるように鏡は宝物の象徴とされてきたそうです。

鏡には神様が宿ると言われ門松やしめ縄など歳神様を招きいれて鏡餅に宿っていただく

という考え方があるようです。

ただ、この文化が始まった当初は鏡というのは神器であったため、それを真似て

作る意味で餅が使われていた流れをくんで鏡餅を神様とつなぐものとして使って

いたのだといわれています。

鏡餅は新年に迎える年神様への供物であり、神様からの賜り物であると考えられて

いたからだそうです。

鏡餅はいつ食べる?鏡開きの日にちと方法

鏡開きの日は一般的には、1月11日とされています。

鏡開きは、お供えした鏡餅に授けられた力をみんなでいただくという考えがあるそうです。

刃物で切るのは切腹を連想させるので手や木鎚で餅を食べやすい大きさに分解するそうですが

最近良く売っているプラスチック容器で密封されているものなら良いのですが木鎚とか

鉄鎚ではなかなか割れません。

水につけておくと良いとか濡れ布巾に包んでラップでくるみ電子レンジを使うと

柔らかくなると聞きます。

蒸し器を使って蒸すのもいい方法だと思います。

プラスチックで加工された鏡餅は容器を開封しないでそのまま鍋に水を入れて

その中で加熱すると柔らかくなります。

鏡開きでお供えしていたお餅をぜんざいやお汁粉にしていただくのは

毎年の楽しみの1つですね。

スポンサードリンク