お盆の提灯はいつから飾る?意味や由来と期間や飾り方について

お盆の提灯は亡くなった人が家に帰ってくる時の目印にされると言われています。

お盆月を迎える頃に用意をはじめますが地域によって7月の場合と8月の場合が

あるようです。

スポンサードリンク

お盆は正式には「盂蘭盆会うらぼんえ」と呼ばれ、旧暦の7月13日から16日にかけて

行われる先祖供養の儀式のことで先祖の霊があの世から戻り、再びあの世に帰っていく

という日本古来の信仰や祖霊祭祀、仏教の行事が結びついたことによる行事のようです。

お盆の提灯の意味や由来

お盆はお亡くなりになったご先祖様が、あの世から現世に帰ってこられる期間のこと

とされ昔は迎え火や送り火をして亡くなった方が帰ってくる家を間違えないように

目印として行っていました。

現在は提灯に明かりを灯すことでその目印の代わりを果たすようになったようです。

毎年8月16日に行われる京都の五山送り火などはその代表的な行事です。

盆の提灯はいつからいつ飾る?

盆月のお迎えの13日から16日の見送りまで飾ります。

私の住む岐阜県や両親の実家である福井県や新潟県では8月13日から16日が

お盆の期間になります。

盆の提灯の飾り方

盆提灯は、一対で飾ることが基本とされていますが、住宅事情などによっては一台の

お飾りでも構わないようです。

スポンサードリンク

御所提灯や回転行灯など足が3本の提灯は3本足の1本が手前にくるようにし火袋の

絵柄は正面、持ち手は左右になるように設置します。

昔は初盆には無地で白木地の盆提灯を使うことが一般的でしたが、最近では初盆の時

には家紋の入った提灯を飾られる家庭が増えたようです。

宗派によって提灯の形が変わったりすることはありません。

浄土真宗では、お盆だからといって、盆提灯を飾ったり、先祖の霊のために迎え火や

送り火を焚いたり、精霊棚、精霊馬を用意したりしないようなのですが両親の実家も

浄土真宗ですし嫁の実家もそうですがお盆提灯は毎年飾っています。

つまりお盆に提灯を飾ってはいけないということではなく地域の習慣などで自由に

すれば良いというように解釈しています。

盆棚、精霊棚の飾り方とお盆飾りの動画です。

まとめ

お盆に提灯を飾るのは亡くなったご先祖様が帰る家を間違えないようにするための

目印でお帰りになる時もあの世へ無事に帰れるように盆期間の13日から16日まで

灯しておきます。

提灯の形や形式に宗派によっての取り決めはなくどちらかというと地域によって

違いが大きいようです。

昔は初盆などで兄弟や親戚などから贈られたりすることも多かったようですが自身で

購入しても問題はなく誰かが買うものといった考え方も現在はあまりないように思います。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ