クレヨンの落書き落とし方!壁紙やふすま、木やソファーの消し方

幼児が絵を描いたりするのによく使われるクレヨンですが壁紙やクロス、ふすまなどや

床や畳、フローリングなど木でできた物に色が付いたりすると凄く落としにくい場合が

あります。

スポンサードリンク

クレヨンは顔料を固形ワックスで練り固めたものですが最近のクレヨンは体質顔料と

液体油も加えられていてよりなめらかに描きやすいよう軟らかめに作られています。

クレヨンの落書き落とし方、壁紙やふすまの場合

壁紙やクロス、ふすまがビニール製や表面がビニール加工されている場合と紙の場合では

落し方が違ってきます。

まず何で出来ているか材質を把握することが重要です。

ビニールなどの場合

クレヨンには、メラミン素材のスポンジ「激落ち君など」がかなり有効です。

最初は水を含ませずに試し落ちにくければ僅かに水を含ませて試します。

少しずつ様子を見ながら行うのがポイントです。

洗剤を使用する場合はクリームクレンザーや歯磨き粉などを綿棒に少しつけて試して

みるのが良くこの場合もやはり少しずつ行います。

クレヨンの成分にもよりますが除光液やクレンジングオイルなどで拭いた後に更に

洗剤をつけて拭けば簡単に落ちる場合もあります。

クレヨンは固形ワックスが主な成分の為、ドライヤーやアイロンの蒸気などで温度を

上げると落しやすいのですが落す素材によって変形や変質しないように加減が必要です。

素材が紙でできている場合は紙の材質によってもかなり難しく色が薄くなる程度かも

知れませんがまず消しゴムで試してみます。

他には輪ゴムを指などに何本か巻き付けて落書きの部分を軽く擦る方法もあります。

スポンサードリンク

クレヨンの落とし方フローリングや家具など木製の場合

クレヨンの落書きを落す場合、木やできた物は木の目地がある為、注意が必要です。

落す場所によっては強く擦りすぎると削れて傷になる場合もあります。

壁紙やクロスの時のように激落ち君や消しゴムで試し次に除光液や洗剤などを綿棒や布に

少量付けて試す等この場合も確認しながら少しづつ試してみます。

ミカンやオレンジの皮で落す方法もあります。

フローリングにクレヨンでされた落書きの消し方の動画です。

落書きの消し方、ソファーや畳の場合

ソファーや衣服などの繊維の場合には少し熱めのお湯「40度~50度」で汚れた

部分を拭きます。衣類の場合には浸します。

クレヨンで汚れた部分に洗剤を付け、固めの歯ブラシでこすりお湯ですすぐか

布で拭き取るを繰り返します。

ソファーの表面の素材がしっかりしているものはドライヤーやアイロンのスチーム

利用してみるのも方法です。

畳の場合は歯磨き粉やクレンザーなどを使うと目地に入り込むので拭き取ることが

出来る洗剤等や激落ち君だけで汚れを落とすようにします。

まとめ

子供の落書きの中でも素材によってはクレヨンの汚れは手強いです。

汚れをきれいに落とすポイントは一度に消すよりも日々のお掃除の中で徐々に落として

いく方が時間もかからず楽に消すことが出来ます。

また洗剤やその他の方法を試す場合でも綿棒などで少し試してうまく落とせそうなら

範囲を広げていくという方法が失敗しないコツになります。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ