運転免許の視力検査の合格の基準と更新で不合格、落ちたらどうなる?

運転免許の更新が来る度に気になるのが適性検査の中の視力検査です。

普段、視力を測る機会も少ないし年齢的に老眼の可能性があったり最近、目が悪く

なったかなと思っているなど免許を更新に行って視力検査に落ちたらどうなるのか

わからないし心配だという方も多いのではないでしょうか?

運転免許の視力検査の合格基準と更新時に落ちた場合、不合格になった時の手続きに

ついて記載してみました。

スポンサードリンク

運転免許の視力合格基準

小型特殊、原付免許

両眼で0.3以上。

片眼が見えない場合は他眼の視力が0.5以上で視野が左右150度以上です。

普通第一種免許、中型第一種免許(8t限定中型)、二輪免許、大型特殊免許

両眼で0.7以上で片眼でそれぞれ0.3以上、片方の目の視力が0.3に

満たない場合や片方の目が見えない場合については、片目での視野が左右

150度以上で、視力が0.7以上です。

大型第一種免許、中型第一種免許(限定なし)やけん引免許、第二種免許

両眼で0.8以上で片眼がそれぞれ0.5以上に加えて深視力として、

三桿(さんかん)法の奥行知覚検査器により3回検査した平均誤差が2センチ以内です。

運転免許の更新で視力や深視力が不合格、落ちた場合

運転免許の更新で視力が合格基準に届かず落ちた場合でも即時、免許の失効にはなりません。

検査に落ちても当日もしくは後日改めて再検査を行うことができるようになっています。

慌てていたり急いで動いたりしていると普段見えていても見えなかったりすることも

あるので検査を行っている方も少し休んでもう一度測り直してみませんかと声をかけて

くれる場合が多いです。

平行法による立体視で視力回復トレーニングが出来るようです。

スポンサードリンク

更新日の当日に再検査してもダメだった場合は証紙を貼った申請書を返してもらい

再度検査の受け直しになります。

視力の再検査を受けるのに費用はかかりません。

免許の更新期限が近い場合は受け直し期限をスタンプされます。

視力が合格基準に達していないことが証明される訳ですが即刻、運転が出来なくなる

訳ではなく免許の有効期限までは乗ることが出来ますが視力が足りていないので気を

付けるように注意されます。

視力の回復に短時間で効果のある方法はこちらをご覧ください。

運転免許更新で視力の再検査

免許証の有効期限内に再検査に合格できない場合は運転免許証は失効になります。

ただ失効してから6ヶ月以内であれば、「理由に関わらず」申請することによって

保有していた運転免許証を再取得することが出来ます。※講習が必要になります。

視力検査の深視力のみ合格できない場合は普通免許の基準に格下げされます。

まとめ

運転免許の更新などで視力検査に合格できない場合、費用は別途にかかったりしないが

免許証の有効期限内に再検査を受けて合格する必要がある。

運転するのに必要な視力に満たないことにはなるが即刻、運転することが出来ないように

なる訳ではなく免許の有効期限までは運転することが出来るが失効してしまうと

無免許運転になります。

視力が気になる場合は事前に視力検査などをしたり体調を整えて免許の更新に

臨むようにすること。

メガネやコンタクトレンズを使用して視力検査に合格した場合でも後日、

視力が回復した場合には条件解除の手続きが無料で受けることが出来る。

スポンサードリンク