肉フェス2015駒沢公園の混雑する時間や駐車場と人気店攻略!

肉フェスが今年も駒沢オリンピック公園の中央広場で開催されるようで第3回目になります。期間は4月24日(金)~5月6日(水)まてで前期と後期に分けて12日間行われます。
昨年同じ駒沢オリンピック公園で行われた第1回目は5日間で約29万人、昭和記念公園で
行われた第2回目は11日間で約42万人が集まったようです。

スポンサードリンク

第1回、2回の教訓としてお昼頃からゆっくり出かけたのでは並ぶだけで終わってしまいそうです。

そのためもあってか今回は東京、千葉、神奈川と3か所同時に肉フェスが開催されるようです。

イオンモール幕張新都心グランドモール前の豊砂公園と横須賀 長井海の手公園ソレイユの丘でも開催。

肉フェス駒沢公園の混雑

今回の駒沢公園の肉フェスの場合、期間が前期後期で12日間と第1回目より長い期間に設定されているのと同時にあと2か所肉フェス会場があるので多少、入場者数は抑えられるのかなと想像してはいますがそれでもかなりの混雑は必至ではないかと思います。

同じ場所で行われた第1回の時はお昼頃出かけてきて並びがきつい人気店だと買うまでに3時間以上かかってました。

どこのお店が出店するかまだわかってないのですが個人的には超熟成黒毛和牛、鉄板焼宮地と一頭買焼肉、醍醐あとは肉フェス第1回で優勝したホルモンふたごはマークしておきたいと思います。

昨年の混雑の様子です。↓

肉フェス駒沢公園の駐車場

駒沢公園は約500台くらい駐車場があって1時間300円以降30分100円料金がかかります。

スポンサードリンク

付近には他にも有料の駐車場がいくつかあります。

肉フェスへの最寄り駅は電車の場合、駒沢大学駅下車15分でバスの場合は東急、東京医療センター前か駒沢公園東口になります。

肉フェス駒沢公園での営業時間

前期は4月24日(金)から4月29日(水)後期は5月 1日(金)から5月 6日(水)営業時間は午前10時から午後22時で5月6日のみ午後21時までです。

入場料は無料で飲食するのにチケットが必要で前回と同じなら基本1品700円のチケット1枚で中には1400円などのチケット倍数のメニューもあります。

入場してすぐチケット買うにも混雑するのでこれも前回通りなら電子マネーを利用して支払いができるのとローソンチケットでプライオリティパスが1枚と食券5枚がセットで4000円の前売りチケットが発売されるはずだと思います。

プライオリティパスは待たずに買えるのが売りのチケットのはずなのですが全部のお店で使える訳ではなく第2回の時も人気店では使えないとこが多かった。

実際問題として炎天下に1回2時間クラスの並びを喰らうともうどうでも良くなってしまうので早い時間に行ってパスが使えないところにまず並んでお肉をゲットしたのち

パスが使える人気店で更にお肉をゲットするのが効率の良い回り方かも知れません。

まとめ

暑いので日よけや帽子、日焼け止めなどは持参したほうが良いです。

お子さん連れは辞めたほうが良いかもです。

肉フェスは朝一から参加しても売り切れで買えない時もあるどころかあまりの混雑にそのまま帰りたくなったり諦める人もいるぐらいなので出店を見てから十分な計画を立てることをお勧めします。

スポンサードリンク