お宮参りの服装、赤ちゃんはどうする?母親や父親などの参加者は?

初めて出産をされ赤ちゃんのお宮参りの服装や他の参加者の服装なども合わせて気に

している方に対して最近の傾向などをお伝えしています。

お宮参りは赤ちゃんが無事に生まれてすくすくと成長していることの感謝とこれからも

無事、健康に育ってくれるように住んでいる地域の氏神様にお願いする風習です。

スポンサードリンク

お宮参り赤ちゃんの服装は?

その昔は赤ちゃんは父親の母に抱かれ、里方から贈られた男の子なら白羽二重に紺や黒の

染抜き五つ紋の熨斗目模様、女の子も白羽二重に五つ紋に友禅などの花模様の祝い着を

着せてもらって、母親とともに氏神さまにお参りしたそうです。

きちんと正装したのは神様に大切なお願い事、息子や娘が無事に成長することをお願いする

ためでもあったと思います。

母親が抱かずに父方の祖母が抱くのは、古来の「家」という観念と産後の母親の体を

気使う意味でもありました。

現在では赤ちゃんに新調の着物「抱き着」を着せ、帽子とよだれかけをかけてその上に

祝着を掛け着として着用します。

使う機会が頻繁にある訳ではない為、赤ちゃんの祝い着はレンタルもよく利用され記念撮影

する場合は特にそのようです。

1ヶ月くらいでお宮参りをするとお乳をもどしたして晴れ着を汚してしまうこともあります。

赤ちゃんのお宮参りの時期や季節にもよりますが最近ではカジュアルな服装、

ベビードレスにケープやおくるみなどで参拝も増えています。

お宮参りの服装で父親や母親は?

お宮参りで父親、赤ちゃんのパパの服装で一番多いのがスーツ姿でお母さんが着物を

スポンサードリンク

着られても礼服やスーツ姿のお父さんが多いように感じます。

赤ちゃんが正装の場合には羽織袴でもおかしくないのですがまず見たことがありません。

母親の服装は、基本的に赤ちゃんにそろえて選ぶ事が多くその日の体調や気温なども

考えて選ぶのが良いと思います。

着物では黒の留袖になりますが色留袖、訪問着のお母さんも見かけます。

産後の体型を気にして着物を選ぶ場合、帯などの締め付けで気分が悪くなるケースも

ありますので気にとめておきましょう。

授乳や動きやすさ、お宮参りの後のスケジュールによって洋装は着がえたりしなくても

移動がしやすいため明るい色のワンピースやスーツ姿のお母さんもよくお見かけします。

お宮参りの参加者の服装

祖父や祖母の服装もご家族全体でバランスが良くちぐはぐした感じがないようにそろえれば

良いです。

おじいちゃんになる方はスーツや礼服を着られるでしょうからお父さんと合わせられれば

良いと思います。

おばあさんの場合も勿論、同じですが着物か洋装かわかれるところかと思います。

お父さんやお母さんがスーツや着物を着ているのにおじいさんやおばあさんが普段着やまた

その逆であってもおかしく映りますのでみなさんで相談してみて下さい。

夫婦2人と赤ちゃんだけで行うお宮参りも最近はよく見かけます。

ご両親が遠方だったりすでに他界されていたりと理由は様々ですがお宮参り本来の目的を

忘れずにお子さんが健やかに育ちますように祈っております。

スポンサードリンク